Google アナリティクスのサイト内検索キーワードの処理を、ビュー設定以外で適切に行う方法

私はWeb担当者Forumで10年近くほぼ毎週連載を続けている衣袋(いぶくろ)という者で、2017年3月現在では「衣袋教授の新・Googleアナリティクス入門講座」を連載中だ。このnoteでは、私が定期開催している丸二日のGoogle アナリティクス講座でも話したことがないくらい細かい話題を、有料で提供している。

WordPressなどを使っているサイトでよく見かけるのは、サイト内検索結果ページのURLが「example.com/?s=keyword」のように表示されるケースだ。しかしこのケースでは、Google アナリティクスで検索結果ページをまとめたいと思って「ビュー設定」で「URLからクエリパラメータを削除」にチェックをすると、パラメータが無くなるので、「 / 」つまりトップページと同じ表記になってしまう。

もちろんこのようにならないように、最初から「example.com/search/?s=keyword」のように表示されるように設計することは簡単なのだが、あとあとの集計のことまで考えて初期設計をすることはないので、このようなサイト内検索になっているサイトは多いのではないだろうか。

Google アナリティクスでもう少しスマートに集計できるように、「サイト内検索キーワード」レポートでサイト内検索キーワード表示がされ、かつ、検索結果ページはまとめて混同することのない一つのページ名で表記されるよう設定する方法はないものだろうか。その方法を本稿では解説する。

本記事の対象者:サイト内検索を利用しているサイトで、サイト内検索結果ページのページビュー数などをGoogle アナリティクスで適切にまとめて表示したいと考えている方。

前提とする知識:「ビュー設定」内の「サイト内検索クエリパラメータの除外」の設定、ビューの管理項目「フィルタ」の諸設定、正規表現について基本的な理解があるとよい。ただしその辺りの詳しい情報へのリンクは紹介してあるので必須ではない。

本記事の対象外:サイト内検索結果ページが「example.com/search/?s=keyword」のように表示され、「URLからクエリパラメータを削除」にチェックすれば、サイト内検索結果ページがすべて「/search/」に集約され、他のページとも区別できるようなパターンの場合は、本稿のようなややこしい作業は不要だ。

目次:1.サイト内検索キーワードの一般的な処理の方法 2.実現したい集計とフィルタ 3.3つのフィルタの内容と一つ目のフィルタの詳細 4.二つ目と三つ目のフィルタの詳細 5.フィルタの順序を確認する 6.これらのフィルタを適用した結果


<サイト内検索キーワードの一般的な処理の方法>

一般的にGoogle アナリティクスでサイト内検索キーワードを処理する方法は、管理の「ビュー設定」(図1)内のサイト内検索の設定(図2)で、サイト内検索のトラッキングを「オン」にし、クエリパラメータを「s」などと指定(本稿では、サイト内検索キーワードのパラメータは「s」だったとして解説する)し、「URLからクエリパラメータを削除」にチェックをして、サイト内検索結果ページをまとめるのではないだろうか。

確かにこうすればサイト内検索キーワードは「行動 > サイト内検索 >サイト内検索キーワード」レポート(図3)でレポートされるが、パラメータを削除した結果、「行動 > サイト コンテンツ > すべてのページ」レポートでは、トップページと同じ「 / 」と表記されてしまう。

もちろん、管理の「ビュー設定」(図1)内のサイト内検索の設定(図2)で、「URLからクエリパラメータを削除」にチェックをしなければよいのだが、そうすると今度は、「行動 > サイト コンテンツ > すべてのページ」レポートでサイト内検索結果ページの一つ一つが「/?s=keyword」のようなパターンで表示され(図4)、これらを一つにまとめて表示したいという希望を満たすことはできない。

さらに検索結果の2ページ目や3ページ目を表示すると、「/page/2?s=keyword」「/page/3?s=keyword」(図5)といったパターンで表示される場合もあり、「行動 > サイト コンテンツ > ディレクトリ」レポートの第一階層のディレクトリが「/page/」になる(図6)のも不恰好だ。

もちろんWordPressなどでサイト内検索結果ページの2ページ目などのURLパターンに、もう一つのパラメータを使うようなURL(/?s=keyword&paged=2)の作りにすることも可能なので、こういったパターンの場合には、パラメータ「paged」をサイト内検索のカテゴリ パラメータに指定するなど、別の対処が必要になるだろう。

なお、クエリパラメータの除外設定などに関しては下記ページを参考にして欲しい。

分析に不要なパラメータを除外してGoogleアナリティクスのレポートを見やすくする[第5回](Web担当者Forum)


<実現したい集計とフィルタ>

以上を踏まえた上で、諸設定だけで次のすべてが実現できるようにしようというのが本稿の目的だ。

・サイト内検索キーワードは「行動 > サイト内検索 >サイト内検索キーワード」レポートで表示させる

・「/?s=keyword」といったサイト内検索結果ページをすべて「/search/」の一つに統合して表示させる

・「/page/2?s=keyword」といったサイト内検索結果の2ページ目をすべて「/search/page/2」の一つに統合して表示させる

これらは、該当のビューに3つのフィルタを掛けることで実現することができるので、そのフィルタを紹介していこう。「フィルタ」は「管理」画面のビューの項目の「フィルタ」(図7)で、上部にある「+ フィルタを追加」ボタンをクリックして、フィルタを一つずつ作成していくことができる。

なお、フィルタの基本に関しては下記ページを参考にして欲しい。

不要なトラフィックを除外! GAで必ず最初に行っておきたい「フィルタ」設定[第7回](Web担当者Forum)

これらを実現するための3つのフィルタはすべて、「詳細」フィルタ(図8)を利用する。フィルタ新規作成画面で、フィルタの種類から「カスタム」をクリックすれば「詳細」が選択肢として現れるので、ここを選択する。


<3つのフィルタの内容と一つ目のフィルタの詳細>

最初にその3つのフィルタでどのような処理をしていくのかの全体像をお話しし、次に各フィルタの設定内容とどのように処理されるのかという仕組みまで一つずつ具体的に解説していこう。

この続きをみるには

この続き:3,453文字/画像10枚

Google アナリティクスのサイト内検索キーワードの処理を、ビュー設定以外で適切に行う方法

衣袋 宏美

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

衣袋 宏美

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。