花物語~ クリスマス・リース

花の行商をしていたおかあさんから
お花の話を聞いて育った少女は
大きくなって念願のお花屋さんを開きました
少女のもう一つの夢は子どもにお花のお話をすることでした
おかあさんがしてくれたように・・・

画像提供:「花ねこ日記」

クリスマス・リース・・・私の務め

2008/12/4(木) 午後 9:14

師走ですね・・・
しばらくは玄関先におじゃましてます
私・・・クリスマス・リースって言われてます
赤いリボンにはちょっと照れますが
しっかり務めは果しましょう

務めって言いましたけど
私の務めってなんだと思います
クリスマスの飾りでいいのですけど
家の人もそう深くは考えていないでしょうが
一応は魔除けという役目があるのです

私としてはその務めを果たそうとがんばっているわけです
そのようには見えないかもしれませんけどね
がんばったところでどうなるものでもないのですが
どこかの玄関先で私の友だちを見かけたら
君たちもがんばってるんだなって思ってやってください

今年は不景気が深刻でみなさんの方が大変なんでしょうね
クリスマスを祝うどころじゃないかもしれません
でもそういう時だからこそせめてクリスマスの日には
おなかいっぱいケーキを食べて元気を出してほしい
クリスマス関係者としてはそう思うわけです

みなさんがすこしでも元気になってもらえたら
こんなにうれしいことはありません
いわゆる五穀豊穣子孫繁栄も一応私の務めと思ってます
クリスマスで元気になって
みなさんがいい年を迎えられますように


  まぐまぐ!「花を歌うかな」'08/12/4 No.1271

藤川一郎
京都市北区紫竹北大門町37 葵荘17号
075-493-4676

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

ichiro70

京都在住50年弱/1947年生まれ/ 福岡出身/ 根暗だから 夜の路地裏散歩が好き

花物語

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。