赤道ギニア共和国の独裁者のンゲマ大統領はアメリカと北朝鮮に均等に石油利権を渡す全方位外交のつもりらしい。中央アジアの北朝鮮のトルクメニスタンのような立場だろうか?もし、赤道ギニア共和国がアメリカと石油利権で敵対したらイランのような立場になってアメリカ政府は悪の枢軸と猛批判だろう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

投げ銭してくれるとうれしいです。Twitterで拡散してくれるとうれしいです。

1

#140文字でできる朝鮮学校批判(仮)

金王朝の肖像画を掲げ、民族教育を詐称した洗脳教育を繰返す朝鮮学校の無償化には反対する!朝鮮学校の無償化のためには背後勢力の朝鮮総連の内部改革が必須だ!拉致問題を否定し、核開発をやめない独裁者を崇拝する民族教育を私は認めない!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録