▼2019.06.14 梅雨時期の体調不良はこう回避する

関東が梅雨入りして日が経った。

今、私の部屋の湿度は62%もある。

その上気温、室温も高い。

この時期、体調を崩すトーシツさんは山程居ると思うが、そんな時はこの記事を是非読んで、乗り切っていただきたい。

季節の変わり目は、気圧の変動、寒暖差、安定しない天候などで、自律神経系がめちゃくちゃに乱れてしまう為、大体誰でも(健常者でも)体調に支障をきたすことが多い。

緊急入院するトーシツさんが増えるのも、季節の変わり目というタイミングが多いらしい。

かく言う私も、季節の変わり目は酷く憔悴し、仕事どころか生活するのもままならなくなるくらいだ。

どうやったらその危機を乗り越えられるか、今回の記事で私なりの対処法を書こうと思う。

一つ、強く言いたいことがある。

それは、何よりも『無理しないこと』。

そして、周囲の人もトーシツさんを『無理させないこと』。

無理をすることで、トーシツさんは酷く憔悴してしまう。

そうなると、回復までかなりの時間を要してしまう。

体調不良で何も出来ない時間が生まれると、『何も出来ないこと』が苦痛になり、ますます具合を悪くしてしまう。

『何も出来ない』事象に関しては、私もほとほと困り果てているが、『何も出来ない』日は『エネルギーを溜める』日だと思って過ごすのが一番不安感を煽らなくて良いと思う。

エネルギーが溜まれば、また動けるようになる。

『何も出来ない』ことは、決して悪い事ではない。

そこで塞ぎ込んでしまうことの方が、余程罪のような気がする。

出来ることなら、「何も出来ないんだから今日はゆっくり過ごそう」くらいの気持ちで生きてほしいと思う。

といった訳で『無理』は絶対にやめよう。


梅雨時はジメジメと湿度が上がり、更に雨続きで出掛けるのも億劫なことだろう。

梅雨でなくとも、季節の変わり目というのはなかなか体も心も思うように動かないことが多い。

無理をしないこともそうだが、『睡眠』も超重要になってくる。

『疲れそうだな』と少しでも思ったなら、すぐに布団に入って寝るか休むかすることが鉄則だ。

睡眠を取ることは、心身を休め、エネルギーの回復に最も適している。

作業所や会社通いなど、無理せざるを得ない日々過ごしているトーシツさんには、特に睡眠を気にしてほしい。

疲れの蓄積は、トーシツの症状を悪化させるからだ。


そして、この時期は無理に外出しないことも一つの得策だ。

外出して体力を使ってしまうと、これまたトーシツの症状が酷くなる。

私はこういったことを徹底しているから、重症でも入院したり薬が増えたりすることなく、明るく元気に生活を送れているのだと思う。

「そんな事知ってるよ」と言うトーシツさんも居るかもしれないが、案外そうは言ってもちゃんと出来ておらず、具合が一向に良くならない方の方が多いように感じる(個人的見解に過ぎないが)。

季節の変わり目でお困りの皆さんには、是非この記事を活用していただきたいものである。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

共感したり、面白かったと思った時などにサポートしていただけると大変嬉しいです!ご支援していただいたお金は、これからも作品を書いて行く為に、執筆の環境維持や、持病の治療などに大切に使わせていただきます!

2

千屋ゆう子

又は「ゆん子」若しくは「せにゃ」。フリーランス(文筆家 兼 絵描き)。創作歴28年、統合失調症歴21年。主にエッセイ、コラム、日記、小説、イラスト、漫画等の無料・有料コンテンツの混在。持論多め。金カムどハマり中。MTG初心者。クロエ(猫)を溺愛中。基本どのマガジンも不定期更新。

ココロちゃんねる

統合失調症を患っている方々向けに、処世術、人生観、病気と上手く付き合っていく方法などを発信する闘病記!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。