【金魚譚】真夜中の来訪者

 午前三時。
 蜷川邸の寝室に、ベッドのスプリングが激しく軋む音は響いている。

 暫くして、事を終えた夫婦がそのまま寝息をたて始めた。

 その一時間後。
 夫の漆が眼を覚ます。

 程なくして、ぐっすり眠っている妻の美嘉を一瞥し、冷え切った部屋から漆は出て行った。

 漆は喉が渇いたのだろう、一階のキッチンへ下り、冷蔵庫から麦茶の入ったガラスポッドを取り出し、それをコップに注ぎ、一気に飲み干した。

 静寂の中を泳ぐような、リビングに置かれた金魚達の水槽のエアーポンプが空気を吐出する音は、ゴポゴポと鳴っていた。

 帰り道、階段までのシンとしたその静かなリビングを通ると、幾分、背筋が冷える。
 それはホラーが大の苦手な漆にとってはちょっとばかし酷なことだった。

 心臓の音が早い。嫌な汗も出る。

 そのせいで眠気も覚めてしまい、寝室に戻ると漆は速攻布団に潜り、起こさないように美嘉にそっと抱きつく。

 小刻みに震える肩。息がつまる。


 ────早く夜よ明けろ。


 恐怖心というものが、明らかに漆を追い回していた。

 ただ“静寂”という得体の知れない存在に付きまとわれ、心を翻弄する何かに漆は取り憑かれてしまったようだ。

 そんな異常事態でも、美嘉を起こすまいという優しさを忘れない漆は出来た男である。

 とは言え、美嘉にしがみつく力は自然と強くなり、結局美嘉の目は覚めることとなった。

「うゆしゃ・・・んー・・・どちたの?」

 美嘉の意識は然程ハッキリとしてはいない。
 漆に何があったのか、漆が今どんな状態か、それらの問題は美嘉の頭の中では何も提起されていないのだ。

「怖いよぉ・・・」

 ヤクザの組長と言えど、人間だ。怖いものの一つや二つあっても決しておかしいことではない。

 だが少々情け無い話である。

 漆が涙ぐむと、不意に美嘉の手が漆の背中をさすった。

 撫でるように優しく優しく、それは漆の恐怖心をすぐに拭い去ってくれた。


 午前七時。

 気付けばカーテンの隙間から陽が漏れている。
 漆はいつの間にか眠っていたようだ。

 背中に温もりを感じる。
 美嘉の手は、まだ漆の背に在った。

 漆は美嘉の頬に唇を落として、再び眠りについた。

 …fin

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

共感したり、面白かったと思った時などにサポートしていただけると大変嬉しいです!ご支援していただいたお金は、これからも作品を書いて行く為に、執筆の環境維持や、持病の治療などに大切に使わせていただきます!

9

千屋ゆう子

又は「ゆん子」若しくは「せにゃ」。フリーランス(文筆家 兼 絵描き)。主に創作、恋愛指南、人間関係、統合失調症等の啓発、処世術、作品等を発信している。小説、エッセイ、コラム、イラスト、漫画等の無料・有料コンテンツの混在。私はトーシツさん。持論多め。基本どのマガジンも不定期更新。

金魚のラクガキ

千屋ゆう子著・金魚シリーズの超SS集マガジン!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。