02【統合失調症患者が努力をすることの大切さ】

さて前回、私の人生が一変したことについてお書きしましたが、今回は、私の夢を叶えて行く上での活動事はどういったものか、それにはどんな意味があるかについてお書きしたいと思います。

この記事の内容は、あくまで私個人のやり方なので万人向けではありませんが、じゃあ読者の皆さんはどうすればいいか、その点についても書いて行きますので、最後までお付き合いいただけたらと思います。

私は現在、『持病があっても自分の力で生きて行けるようになる』『統合失調症でも稼げて幸せな人生を送れることを実証する』という夢を叶える為に、ある活動をしています。

それは『創作』です。
小説を書いたり、時にはエッセイやコラムも書きます。
文筆の歴は約四年になりますが、腕の程はまだまだといったところです。
もう一つは絵です。
約二十八年の歴になりますが、その割にはこちらも大した腕は持っていません。
ですが、長年趣味としてやって来たものなので、知識量は豊富です。

そこで思い付いたのが、自分の作品を売る、そしてブログ収益を得るというもの。

まだ始めたばかりなのでお金はなかなか稼げてはいませんが、どうしても夢を叶えたいのでここは努力のしどころです。

中間目標は月の収入が障害基礎年金額を上回ること。
そうすれば、多少なりとお金に余裕のある生活を送れること、誰に頼らなくても生きて行けるという安心と自信を得ることが近づきます。

これは並大抵の努力じゃ叶わないでしょう。
ですが、その努力をすることにまた意味が出て来るのです。

心の病気を患っていると重い症状の人は特に働けないので、大抵の人は毎日のらりくらり生きているのだと思います(偏見ではなく、今までの経験則から言っています)。
障害基礎年金を貰っている人、家族などに支援してもらっている人達は特にそうでしょう。

私もその一人でした。

でも、大きな夢を叶える、という目標を持つことで、生活に張り合いが出て来ます。

大きな夢を叶える為に早寝早起きするようになり、大きな夢を叶える為にその日その日を有益に過ごすようになる筈です。

やはり個人差はあると思いますが、徐々に徐々に頭がドリームマインド(大きな夢を叶えたいという思考)になって行き、それに対して努力をしていく姿勢になっていく筈。

次第に生活のリズムが整っていき、だんだんと身体や頭が軽くなっていくと思われます。

実際私も、早起きして日中カフェに作業(文を書いたり絵を描いたり)しに行くようになったり、自分は社会に生きている、努力が出来ている、といった意識が高まって、そんな自分を街行く人々にアピールしたくて(誰も気付いてはいませんが気分的に)よく外出するようになりました。

そのおかげもあって、最近体重が10kgも減りました。

本当に体調が良いし、殆んど落ち込まなくもなりました。

これは、夢を叶える、ということに重点を置いているのではなく、『そういう心持ちでいることが精神病患者の良い心身面を築き上げる』、というものです。

もちろん、夢を叶えることも重要ですが。

さて、じゃあ絵が描けない人、文章書きがあまり得意ではない人はどうすればいいか。

それは読者の皆さんの得意なことの才能を無理矢理にでもお金にする、です。

どういうことかと言いますと、
例えば歌が得意な人はライブハウスなどで歌を歌うとか、YouTubeで「歌ってみた」などの動画をあげて収益を得るとか、何かしらの方法で歌をお金にする。
例えばお菓子作りが得意なら、手作りお菓子のネット販売をしたり、こちらもYouTubeでレシピ動画をあげて収益を得る、など。

人って、誰しも何かしらの才能を持っている筈なんです。
その才能を眠らせたままにしているのなら、引き出してお金にしてしまおう、ということです。

この世界って、思ってるより融通が効くもので、自分のニーズに合った仕事って案外見つかるものなんです。
そこには『努力』がカギとなって来ます。

働く、というのは、病気を持っているとなかなか無理が生じますよね。
でも、病気とは言え、自分の才能が何なのかを見極め、それに対して努力をすることは出来ると思うんです。

「統合失調症だから努力は出来ない」果たしてそうでしょうか?
実際そう言った症状が統合失調症には含まれてはいますが、生活のリズムはビタミンサプリなどを摂って陽に当たるだけでも、だいぶ正常に戻りますし、日中、運動をして疲れれば夜はグッスリ眠れる筈です。
生活のリズムが整えば、ある程度活動的になれるでしょうし、先程言った努力も出来ることでしょう。

相当な重度の患者さんじゃなければ、そのような努力くらいは出来ると思われます。

むしろ、それを楽しんじゃうのも良いかもしれませんね。
私も自分の活動は楽しんでやっていますし、その方がやり甲斐が出て来るかも。

私の場合、カフェで作業をすることが凄く快感に感じている節もあります。
他の人の「あの人カフェで仕事してる!格好良い!」みたいな熱い視線って、結構気持ちの良いものですので(完全に妄想の類ですが)。

そうやって自分のモチベーションを作って行くのも大事かと思います。

ドリームマインドが高まれば高まる程、自分を無理にさせがちです。
ですので、適度な休憩を小まめに挟んで活動を行なってください。

この記事に関しましては、後々深掘りして行こうと思っています。
興味を持たれましたら是非そちらもお読みください。

夢を叶える為に努力をする。
それと並行して病気も良くなって行く。

私はこの先、自分独りになっても、この努力が絶対報われることを信じて強く生きて行きたい。
病気だから何も出来ない、なんて、そんなつまらないことを思って生きて行くのは絶対に嫌です。
心の病気でも幸せになれる。
それを証明して行きたいです、、、

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

共感したり、面白かったと思った時などにサポートしていただけると大変嬉しいです!ご支援していただいたお金は、これからも作品を書いて行く為に、執筆の環境維持や、持病の治療などに大切に使わせていただきます!

7

千屋ゆう子

又は「ゆん子」若しくは「せにゃ」。フリーランス(文筆家 兼 絵描き)。主に創作、恋愛指南、人間関係、統合失調症等の啓発、処世術、作品等を発信している。小説、エッセイ、コラム、イラスト、漫画等の無料・有料コンテンツの混在。私はトーシツさん。持論多め。基本どのマガジンも不定期更新。

私的!トーシツ夢の軌跡

トーシツさん達へ。 夢を持つことの素晴らしさを、私の持論で伝えたい。 希望が持てるようになるかもしれない。 そんなマガジン。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。