見出し画像

ローソンの 『バスチー』 食べてみた!!

 今日のお昼に、今巷で大人気のローソンの『バスク風チーズケーキ』、略して『バスチー』を食べてみた。

 私が食べた物は、それに“大きな”と付いた商品だ(通常版と大きい版があるみたいだ)。

 “バスク”とは、スペインのバスク地方のことらしく、ローソンが開発した『バスク風チーズケーキ』は、その地方で生まれた『バスクチーズケーキ』を“風”にした商品らしい。

 本来、『バスクチーズケーキ』という物は、敢えてオーブンで長時間焼き、表面をわざと真っ黒に焦がすのだという。

 そうすることで、甘さとほろ苦さが良い具合に出、大人な味に仕上がるのだとか。

 だが今回ローソンが出した『バスクチーズケーキ』は“風”なので、写真の通り表面は軽く焼けているだけで、苦味は然程感じられない。

 だがやはり人気商品。一口頬張ると、一気に口の中が濃厚なチーズ感で溢れ返り、幸せ一辺倒だった。

 ほんのりスフレ感があるが、重みの方が圧倒的に存在を誇示している。

 チーズ好きには堪らない一品だろう。

 大きい版は全部食べると胃にくるので、食後のデザートというより、3時のおやつに食べた方が満足感を得られやすいと思った。

 通常版が、ローソン標準価格215円(税込)。
 大きい版は期間限定(5/10〜12)で、ローソン標準価格580円(税込)。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

共感したり、面白かったと思った時などにサポートしていただけると大変嬉しいです!ご支援していただいたお金は、これからも作品を書いて行く為に、執筆の環境維持や、持病の治療などに大切に使わせていただきます!

ありがとう٩( 'ω' )و
1

千屋ゆう子

文筆家 兼 絵描き。文歴4年、絵歴28年、統合失調症歴21年。主にエモさを求めたエッセイ、コラム、日記、小説、イラスト、漫画等の無料・有料コンテンツの混在。持論多め。うちの子(オリキャラ)至上主義の超親バカ。金カムどハマり中。クロエ(猫)を溺愛中。基本どのマガジンも不定期更新。

ゆん子飯

私、ゆん子がオススメする、B級グルメ、コンビニ食品、ズボラ創作料理のグルメレポ!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。