見出し画像

▼2019.08.09 時には怠けまくってもいい

昨夜は七、八時には寝てしまい、目が覚めたのが夜中の一時。

もう少し寝よう、そう思ったが、なかなか寝付けないので起きて仕事をし始めてしまった。

今日は連休二日目。

エンジョイサマー的な休日ではないが、自宅に引きこもって好きなことが出来ているので楽しさはある。

休日に仕事をするということに対し、背徳感にも似た感情が湧くが、私的に仕事も趣味の内。やっていて楽し過ぎるので、別にこれといって嫌な気はしない。

私は言わば『仕事人間』のようなものだ。

気付くと仕事をしているし、仕事自体に嬉々とした生き甲斐を感じる。

だからつい、やり過ぎてしまう。

休息を取ることにちょっとした恐怖感がある、とも言える。

今年末までにnoteの記事を200記事書くことを目指しているし、今年中に仕事を軌道に乗せないととも考えている。

だから少しの間も空けてはいけないような義務感を抱いている。

けれど、それはいくら何でも窮屈ではないだろうか。

まあ私みたいなことをしているトーシツさんにはあまり出会ったことはないが、言い換えれば『無理をしているトーシツさん』はよく見かける。

トーシツという病気は、休息をよくとることでも症状がだいぶ和らぐ。

なのに体と心に負荷をかけて、知らぬ間に自身を追い込んでしまっているトーシツさんは多い。

そういう人には『時には怠けまくってもいいんだよ』と声を掛けたい。

『怠ける』と言うと、語弊があるかもしれないが、『すべきことをしないで無駄に過ごす』という意味合いから、いつもそれくらいの心持ちで居ることはとても大事なように感じる。

健常者のように朝から晩までバリバリ働くなんてことは出来ないので、そういったことで疲弊することはあまり無いが、トーシツさんはトーシツさんなりに『生きる』ことをとても頑張っているので、それだけでも心身が疲れてしまうくらいトーシツはキツい病なのだ。

だから休息をしっかりとらないと、ただでさえ疲れやすい心身は『生きる』ことを脅かすのだ。

それが度重なると、今度は希死念慮が追い打ちをかけてくる。

朝は七時には起きた方が良い。日中は無理しない程度に活動や運動をする。三食キチンと食べ、お薬をしっかり飲み、夜は九時までには寝る。

トーシツさんはこれが出来ていない人が大多数だが、早寝早起きするのは生活のリズムを整える為であって、生活のリズムが崩れている人は大体いつも体調が悪い。

日中適度に動いた方が良いのは、夜によく眠る為だ。

三食食べるのはもちろん健康に良いからで、お薬もちゃんと飲まないと体調に悪影響が色濃く出る。

トーシツは自律神経が乱れてしまう病でもあるので、なかなかそういったことが出来ないのはよく解る。

ただ、休息をとること自体はそんなに難しいことじゃないと思うのだ。

寝るか、または横になるか。ただそれだけのことなので、気を張る必要は全く無い。

そうするだけで体調はグンと良くなる。

「自分無理してんなー」と少しでも感じたら、速攻で休むと良い。

私も今日は一日ゆっくりと好きなことだけをして過ごそうと思っている。

皆さんの今日も、健やかなものになれば良いと想う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

共感したり、面白かったと思った時などにサポートしていただけると大変嬉しいです!ご支援していただいたお金は、これからも作品を書いて行く為に、執筆の環境維持や、持病の治療などに大切に使わせていただきます!

ありがとう٩( 'ω' )و
10

千屋ゆう子

文筆家、文人。文歴4年、絵歴28年、統合失調症歴21年。主にエッセイ、コラム、日記、小説、イラスト、漫画等の無料・有料コンテンツの混在。持論多め。うちの子至上主義の超親バカ。金カムどハマり中。クロエ(猫)を溺愛中。基本どのマガジンも不定期更新。

ココロちゃんねる

統合失調症を患っている方々向けに、処世術、人生観、病気と上手く付き合っていく方法などを発信する闘病記!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。