ちなみに相変わらずn人(n=1,2,3,…不詳)で運用しています。ifname_iとはそういうことです。世界を闊歩し勉強して書いて生きていけたら人生幸せなのでしょう。そこに音楽と、いちばん薄い三日月が美しく映える空があったら、さぞ幸せでしょう。これからもよろしくお願いします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

39

月坂架 絃 (Ito Tsukisaka)

フィドル奏者、化学者、薬学者、物書きを称する東京大学学徒が、本郷の小さな喫茶店で綴る編著作。WHO WE ARE (https://note.mu/ifname_i/n/n50774dab8065)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録