「自分に自信がない人」は、文字通り「何をやってもダメ」だと思った話。


3ヶ月ほど前に書いて好評だったコラムを、大幅に加筆修正しました。分量は1万字ほど。あと一手間入れて、近日中にKindleでも発売予定です。

有料マガジンを購読してくださっているみなさまへ、感謝を込めて配信させていただきます!単品でも購入できるようにしておりますが、マガジンでの購読がお得です〜。


=====


こんにちは、イケダハヤトです。

なぜか「イケハヤさんって、自信家ですよね」とよく言われます。遠回しにdisってるでしょ、それ。まぁ、自信家なのは間違いないかも。

先日、とても残念なものを見てしまいまして……。いや、こういうことって、よくあるんですけどね。

なにかというと、「この人は面白い!伸ばせば光る!」と確信していたブロガーがいたんですよ。

彼の名前は、Bさんとでもしましょうか。ちょっと話をしてみた感じ、Bさんは「学ぶ姿勢」もある方で、このまま1年続ければいい結果が出せそうだな、と見ていました。

早速ブログを始めたBさん、やっぱり文章が面白い!これは1年後が楽しみだなぁ!すぐに稼げるようになるはず。

と思っていたのですが、なんと……!

久しぶりにブログを見たら、消滅しているではありませんか……。更新続いたの、一ヶ月くらい……。

んでもって!「はてなブックマーク」のアカウントは生きていたので、彼のコメントをちらっと覗いてみたら……。

「ブログで稼げる!とか嘘なので、信用しちゃだめ!」みたいなことが書いてあったんですよね……。

他のコメントを見ると、暗に、ぼくを批判しているようなニュアンスも……えーと、ぼく悪者になってる?あれ?

そんなBさん、「自分に自信がない」タイプの方だったんですよ。

だからこそ、ぼくはBさんの文章が好きだったんですけど、完全にダークサイドに落ちてしまったなぁ、と悲しい気分になりました。

引き上げてあげることができればいいけど、ぼくじゃダメなんですよね、こういうパターン。一方的に不信感を抱かれてしまっているみたいなので……。

そんなBさんの「転落」を見て痛感しましたが、この資本主義経済において、「自分に自信がない」というのは、致命的だと思うんですよ。


自分に自信がない人は、諦めるのが早すぎる。

この場合、Bさんはどう考えても、「諦めるのが早い」ですよね。

そして、この「諦めるのが早すぎる」というのは、自己肯定感が薄い人に共通する資質です。逆にいうと、自分に自信がある人は、いい意味で諦めが悪いんです。

普通に考えて、ブログで成果を出すには、1年は毎日更新を続けてもらわないとダメなんです。

そして、ぼくはそのことを、Bさんにも伝えていました。「とりあえず1年、毎日更新してください」「そうすれば、毎月1〜2万円は稼げるようになっているはずです」と。すぐに結果が出るわけないなんて、当たり前ですからね。

……が、自分に自信がない人は、早期に結果を求めてしまうんですよ。

自信がないので、不安になるんでしょうね。「イケダハヤトはああ言っていたけど、それはあいつが優秀なだけで、自分には無理なんじゃないか」みたいな感じで。

そんな彼らは、自分と同じように「やってみたけどだめだった」人のクチコミを探します。「ブログ 挫折」「ブログ 稼げない」みたいなキーワードを打ち込んで、「自分は特別ではない」と安堵します。

それどころか、それらのクチコミに同調し「俺もやってみたけどだめだった。イケダハヤトに騙されるな!あいつは運がよかっただけだ!ブログで稼ぐなんて、甘い考えだ!」という感じで、開き直ってしまう。

世の中甘くないことなんて、前提なんですけどねぇ。ぼくからすると「何を偉そうに……バカなの?」という感じです。


自分に自信がなくなる「ループ」

なぜ自分に自信がないと、早期に結果を求めるのか。これについて、ブロガーのルルさんがとてもいい指摘をしてくださいました(http://irasiku.blog.jp/archives/1974355.html)。

=====

初めてのことでも、一度でできなくて、叱られる

自己肯定感が下がる

一度でできない自分はダメなんだ、と落ち込む

ダメでない自分になろうと、一度でできる様にならなくては、と、すぐ結果を求めようとする

以下ループ。

=====

自分に自信がない人は「私は何をやってもうまくいかない」という思い込みを抱えています。

本来なら1年以上やらないと成果が見えないことでも、3ヶ月やっただけで、「やっぱり私には無理だった」と、絶望してしまう。

資格や大学受験のような試験でも、一度落ちただけで絶望して、そこで諦めてしまう。このループは強化されていき、次第にBさんのように「1ヶ月で諦める」というスピード感になっていくのでしょう。

結果が出ない時期を乗り越えるには、「自分を信じる力」、それすなわち「自信」が求められます。

「今はまだ結果が付いてきていないけど、私が歩んでいる道は間違っていない」というのは、まさに「自信」なんです。

多くの人は、そう考えることができずに、恨み言を言いながら脱落していきます。

自分に自信がない人は、少なくとも1年、何かに打ち込んでみるべきです。

ブログでも資格でも趣味でも、なんでもオーケー。ゲームが好きなら、ゲームの大会に出てみたり、漫画を描くことが好きなら、新人賞に応募してみたり。

もちろん、あなたがたった1年頑張ったところで、「目覚しい成果」は出ません。

でもそれは、当たり前。

あなたが気付いているとおり、「世の中は甘くない」んです。

何か大きなことを成し遂げたいのなら、ここがスタートラインです。一流と言われる人は、誰だって、この壁を超えていますよ。

自信がない人は「すぐに結果を求めて、あきらめる」から、「何をやってもダメ」なんです。

自信がある人は「結果が出るまで諦めない」から、「何をやってもうまくいっている」ように見えるのです。

これは、個々の能力の問題ではありません。純粋に、継続する力がなさすぎるだけ。だから、うまくいかない。

「何をやってもダメ」から抜け出したければ、すぐに結果を求める態度を捨ててください。話はそれからです。

この続きをみるには

この続き:7,985文字
記事を購入する

「自分に自信がない人」は、文字通り「何をやってもダメ」だと思った話。

イケダハヤト

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます!サポートをいただけると、高知の山奥がもっと面白くなります!

112

2016年7月。

4つのマガジンに含まれています

コメント7件

お、さっそく記事をリサイクルしてるまだ東京で消耗してるの?にも似たような事書いてましたね自分は、これをやるって決めたことが面白ければ続くし、面白ければ続かないみたいな感じですネガティブだったりポジティブだったり中途半端って感じで自分の書いてる移住ブログは何番ぜんじなのかなあ
おもしろーい!
心にビシバシ来ました。
自信持ってるつもりだったんだなと気が付きました。
グッときますね イケダハヤトになるべくしてなったんだなと思いました 迷惑かけていいって、なんか救われました ありがとう
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。