平昌五輪へ行ってきます

仕事ではありません。特定の競技の特別なファンでもありません。ただただ「好き」で「行きたい」から。夢を叶える一歩にしたいからーー。

自分の「好き」を探している、本当にやりたいことを探していると以前書きました。色々考えましたが、私やっぱり、高校・大学と全てをかけた学園祭の運営が一番好きなんです。関わっている時の自分もキラキラしていて好きなんです。その思いを起点にした、心の奥底から掘り起こした本当にやりたいことはこちらでした。

私は2020年の東京五輪運営に関わりたい

ああ、やっと、言えた。本当は何年も前からこの思いを抱いていました。でも今の仕事と全然違うから、私なんかにはどうせ無理だよね。というか、2020年には結婚して子供を産んで専業主婦になっているのが世の勝ち組なんだから、2020年に仕事をするなんて考えてはいけない。自分で自分に蓋をしてこの数年生きてきました。人には言えない、願ってはいけない夢でした。

でも、自分の好きの源泉に気付いたから、もう思いは止められない訳ですよ。働き盛りのこの年齢で、今住んでいる街に、オリンピックという世界一の祭典が来るなんて一生に一度のチャンス。今しかない。結婚もしたいし子供も産みたいけれど、自分一人で決められないことをモヤモヤ悩むのは一旦やめよう。オリンピックの夢。2018年、今なら間に合うかもしれない。どうなるかわからないけれど、2018年は夢に向かって何か活動してみよう。年末年始に悩んで、決心していました。

腹を決めた私は強いです。お得意の熱量で一気に進めます(熱中して物事を進めるの、大得意)。東京五輪の運営をしたいなら、実際のオリンピックをこの目で見なくっちゃ。体験しなくっちゃ。よし、平昌五輪に行くしかない。東京五輪にどんな仕事があるか、できるか、具体的にまだ見つけられていないですが、「東京五輪の開会式に自分がスタッフパスをつけて会場にいる」と私はイメージしています。だから、平昌五輪も開会式に行くぞと決めて、開会式を起点に日程を組みました。調べて調べて、個人で全て手配しました。

どうやったら東京五輪の運営に携われるかは、まだにわかりません。探し中です。平昌に行ったからといって何か変わるとは思いませんが、行かないよりずっといい。「オリンピックを経験したことがある」ということが、どこかで何かの武器になる気がするんです。

平昌五輪に行ってきます。日程は2/8-13です。夢を叶える一歩にしたいから、得意の行動力で走っています。とはいえ、たった一人の個人旅行。何のツテもありません。「韓国語も英語も話せない」「一人での海外旅行は初」「平昌への交通の便が悪い」「マイナス20度の極寒」と四重苦で、実は不安でたまりません^^;
何か情報をいただける方はいませんか…?平昌にいく人なんてなかなかいないので、あれ見てきて的なお使いがもしあればご連絡ください。日本から応援いただけるだけでも力になります。どうぞ見守っていてください。

【SNS】
twitter → https://twitter.com/ike_olym
※平昌用twitterアカウント開設。現地ではこちらメイン。
facebook → https://www.facebook.com/chiharu.ikeda.14
instagram → https://www.instagram.com/ike__chi/


最後に。3日間仕事を休みます。職場のみなさま、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。ご協力いただきありがとうございます。帰ってきたらまたたくさん働きます。目の前の仕事をきちんとできなければ、新しいこともできないし、何者にもなれないと思っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15

いけち

平昌五輪体験記

2018年冬季ピョンチャンオリンピックのレポ。 2020年東京オリンピックに繋げたい! 表verは視察レポート。見たもの経験したもの。 裏verは心が動いたもの。ひっそりと個人的な呟き。

コメント2件

凄い行動力!頑張ってください。絶対この行動力、経験は役に立つでしょう。
稲垣さんのパワーをいただきたくて、稲垣さんの素敵な写真を使わせていただきました。ありがとうございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。