ママが自分らしいキャリアを作って人生を楽しむ“ママキャリースクール”主宰 寶 愛さん

子育てと仕事の両立に悩んだ中、同じママ達にも自由な選択ができる働き方を提供し、自分らしい人生を切り開いた寶 愛さんにお話を伺いました。

寶 愛(たから あい)さんのプロフィール
出身地:長崎県対馬市
活動地域:福岡県
経歴:マレーシアに語学留学し、福岡空港にて勤務。結婚後、コールセンターの立ち上げに関わる。旦那様の転職活動を機に2015年に起業し、輸入ビジネスを経てブログサイトを運営。
現在の職業及び活動:ママのためのママキャリースクール主宰。WEBサイト、WEBコンテンツ運営、企画及び管理など

Q.どのような夢やビジョンをお持ちですか?

寶 愛さん(以下、寶 敬称略):これから先のことを考えて進めていくというよりは、その時やりたいと思ったことを1年ずつ更新していく感じです。なので、大きな夢や壮大な夢はありませんが、今のビジョンは、家族をもっと増やすことです!子供は5.6人!

現在、子育てと仕事は7:3の割合で働いていますが、子育てが落ち着いたら逆の割合にしていきたいとも思っています。その状況になった時に、またやりたいことがみつかると思うので、それを楽しみにしています。時間と場所に囚われず、好きなところに住むノマド生活も憧れますね。

Q.ビジョンを具現化するために、どのような活動をされていますか?

寶:コンテンツマーケティングを主にやっていて、宣伝をしなくてもブログをみて応募していただけるような仕組みを作っています。その仕組みややり方を共有し、ママ達の新しい働き方の選択肢を増やすためのオンラインスクールもやっています。
仮にどれかが転んでも、何かが残るように、収入の柱は3本くらいあった方がいいと思って取り組んでいます。最近は旦那も在宅で仕事をするようになり、夫婦で楽しみながら活動をしています。

Q.日々、活動で大事にされていることはなんですか?

寶:ネット社会だと、自分が憧れる人のような生活を送りたいなどにフォーカスが当たりがちになります。しかし、夢や環境はみんな違うので、どれだけ自分の環境とバランスがとれて楽しく過ごせているのか、自分サイズの幸せを求められるかが大事だと思っています。女性だから、子供がいるからとか、働き方などによって、何かを犠牲にしたり、制限されるのは嫌なので、皆がやりたいと思ったことを体現できるような環境づくりと関わり方を意識しています。上とか下とか、子供だからとかではなく、一個人としてみることも大切にしています。

やりたいと思ったことをどう実現していけるのか、攻略していけるのかゲーム感覚を持って一緒に楽しむことで、収益は後からついてくるものだと考えています。

Q.今の活動に至るようになったきっかけ、また一番大きかった心の変化は何ですか?

寶:旦那さんの転職活動がきっかけです。長女が1歳で2人目を妊娠しているときでした。全く収入がない状況になったとき、旦那さんのお給料で生活するのが当たり前だったけれど、それは当たり前ではない、何かあった時に子どもを守れるのも自分しかいない。旦那さんにも、ゆっくり仕事を探せる環境を作ってあげたいと考えたときに自分で何とかするしかないと思いました。育児中でもあり臨月にも近かかったため、外では働けないので在宅でできる仕事を探しました。ネットで調べまくって、そのときは切羽詰まっていたこともあり、即金性がある輸入ビジネスを選択し、お金を借りて始めました。自己資金がなかったので、何度も商工会議所に相談に行き、事業計画書を作り込んで公庫でお金を借りることができました。このような状況では、絶対に貸してもらえないと言われていたので、しっかり準備をしてチャレンジできたことは専業主婦の私にとって大きな自信につながりました。コンサルを受けて輸入ビジネスを軌道に乗せた後、ブログサイトを立ち上げました。

記者:ブログはどこかで学ばれたのですか?

寶:ほとんど独学です。一度、マーケティングスクールのコミュニティに入ったのですが、SNSの特有のやり取りが苦手でやめました。色々なやり方を試して、トライ&エラー繰り返しながら今のスタンスになりました。

記者:自分でサイトを作ることだけに留める事もできたはずですが、それを人に伝えていこうと思ったのは何故ですか?

寶:働きたくても働きに行けない方が、結構多くて在宅ネットを活用すれば経済的にも時間的にも余裕が作れて、家事も子育ても楽しむことができます。自分の存在意義を持つだけでなく、心の奥底で同じように子育てと仕事を両立できる仲間が一緒にいたら楽しいのではないかと思い、伝えることにしました。交流の場などもつくっていて、定期的ではないけれど、不定期でも継続していきたいと思っています。

Q.起業したい気持ちはあるけれど、実際に行動しない方も多いですよね。ご自身との違いは何だと思われますか?

寶:あってもいいし、なくてもいい夢は叶わないと思います。絶対にこれを手に入れたい、入れなければというくらい自分に集中できるかどうかだと思います。以前から自己啓発の本も読んでいましたが、読んで終わるだけで実行に移すことはありませんでした。自分でやるしかないという選択肢しかなくなったときに「7つの習慣」の本に出会い、何度も読み返し実行しました。30回以上は読んでいます。そのなかで一番大事だと思ったのは、本の最初にも書かれている主体性を持つことだと思います。今までは流されるがままで、人生について考えることもなかったです。人生について向き合う環境を作ってくれた旦那さんに感謝ですね。

Q.これから自分の人生を変えていきたい!と思っている読者の方に一言メッセージをお願いします。

寶:出来ないと思うことは、絶対できる!
小さいことからやっていければいいと思います!

記者:ご自身が色んなことを経験して、変化されたからこそのメッセージですね。勇気をもらえる方がたくさんいると思います。本日は貴重なお話、本当にありがとうございました。

ーーーーーーーーーー

寶 愛さんの活動、連絡についてはこちらから。


【編集後記】
今回、インタビューを担当させていただいた池田、荒牧です。
自ら環境を切り開き、理想の生き方を創造できる力を持ちあわせていると同時に、周りの方の理想の人生を一緒に構築していく芯の強さを感じました。
これからのますますのご活躍、ご健闘をお祈りしています。

ーーーーーーーーーー

この記事は、リライズ・ニュースマガジン “美しい時代を創る人達” にも掲載されています。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

49

Re・rise News

AI時代に人間にチャンスを提供し、まだ見ぬ未来から今をリライズする新時代創造マガジン。 社会のシステムが全てAIで賄われる時代だからこそ、人間の持つ本来の無限の可能性と機能を最大限花開かせる美しい時代を創っていく為に、既に活躍されている方々にお話を伺い、認識の変化のきっか...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。