「和」をまなぶ

今日は、山越栞さんのお誘いで、初めてのお茶会に。

普段はコーヒー、コーヒーな僕ですが、畳の上で夏の終わりの風が吹き抜ける部屋で、人生に大事な話を聴きながら、お茶をいただきました。

お茶の先生のお話にもあったんだけど、やっぱりぼくは日本が好きです。

畳に座れば落ち着くし、セミの声に季節を感じて、和菓子の中にもこれから来たる秋が隠れていて、味だけじゃなくてお茶を点てるまでの所作を楽しんで。こういった文化・背景・行間を楽しむ国が好きだな、って改めて思いました。

あ、そういえば「旅」についてのnote書いた時に、のちさんがアンサーソング的noteを書いてくれました。不思議なことにこれをお互いに話に出さないところが、二人らしいなと思いつつ、これが「返歌」というやつなのかと感じました。

鳴る神の 少し響みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ
雷神の 少し響みて 降らずとも 我は留らむ 妹し留めば

映画『言の葉の庭』に出てくる万葉集の返歌ですね。

雷が少し轟き、曇ってきて、雨でも降らないかしら。
あなたを引きとめられるのに。
雷が少し轟き、雨が降らなくても、私は留まりますよ。
あなたが引きとめて下されば。

夏ももうすぐ終わり。日本らしさいっぱいの秋がもうすぐ来るね。

今日はとっても楽しかったね。明日はもっと楽しくなるよ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけると嬉しさで写真をいっぱいお見せする性格ですっ

ぼくも好きです!
7

池田こーき / ikepon

フォトグラファー。古性のち(@nocci_84)マネージャー。家族を自然体で写真に残すのが好きです。珈琲とバウムクーヘンがお好き。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。