ぼくの好きなうた

泣きそうになるほど空が青い時、胸を焦がすほど夕焼けが赤い時、吸い込まれそうなほど新緑が活き活きとしている時、世界から光が消えたと思い込むほど夜が深い時、そんなとき思い浮かぶ歌がある。

なんのためにうまれて なにをしていきるのか
こたえられないなんて そんなのはいやだ

ああ、何のために生きてるんだろうなって。

死にたいとかじゃなくて、ぼくはその答えを見つけられているのだろうか。

なにがきみのしあわせ なにをしてよろこぶ
わからないままおわる そんなのはいやだ

きみを幸せにできていたのだろうか。
これから出会うきみを幸せにできるだろうか。

これからもきっとこの詩を思い出す。たまに口ずさんでみる。

ここまでの25年はきっと早かった。人生の体感時間の半分は高校時代に迎えるらしい。80歳まで生きるとしてあと55年。

でも人生もう半分も残っていない。

わすれないで ゆめを こぼさないで なみだ

意外と泣き虫のぼくは涙は流してしまう。でも少なくとも夢は忘れないで生きていきたいなって思う。

残された半分以下の人生をどうやって生きるのか。

ときははやく すぎる ひかるほしは きえる
だから きみは いくんだ ほほえんで

この詩はぼくにいろんなことを教えてくれている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけると嬉しさで写真をいっぱいお見せする性格ですっ

ぼくも好きです!
5
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。