前澤友作氏と「夢」

ZOZOの社長 前澤友作さんの祭りのような100万円企画が終了した。プライドが高すぎるぼくは、自分のアカウントでRTができずただひたすらにタイムラインを眺めていた。そこで思った「夢」についての考察です。

祭りの発端は上記のツイート。このツイートはRTの世界記録355万回を大きく超えることになる大騒ぎとなった。(この企画はすでに終了しています)

まずはじめに今回の前澤社長の企画は、100万円をプレゼントする企画でありながら「夢」をプレゼントする企画としての側面を持っていたなあと感じる。

この企画、参加方法は前澤社長のアカウントをフォローしてRTするだけ。
それだけで100名に100万円が当たるという内容。

しかし、タイムラインを眺めていると、

「美味しいものが食べたいです!」
「世界一周がしたい!」
「彼女にプレゼントをしたい。」

のように、自分の夢を添えてツイートしている人が多く見られた。

これは前澤社長もツイートしているように、欲しいのは夢じゃなくてお金なんだなと思う。

このついーとの他にも前澤社長のツイートの多くに「夢」というキーワードが入ってくる。これだけRTが伸びたというのは、「夢」はあるけどお金がないから実現できないと思っている人の多さの裏返しなんだと思う。

でもそんな単純なものじゃないな、と思うのは、この企画を機に自分の夢を考えてみた人も大勢いたはず、ということ。

前澤社長の今回の功績は、100万円をプレゼントしたことでなく、RT数が世界記録を超えたことでもなく、とんでもないZOZOの広告になったことでもなく、「夢を語れるタイムラインを作った」ことなんじゃないかな。

***

それと同時に、気づいたことは「夢を堂々と語れる奴は強い」ということ。


何名か実際に当選した方のツイートを見かけましたが、みんなきちんと夢を語っていた人たちが当選しているな、と。逆に夢は語らないと叶わない。ということ。ぼくはそんなたいそうな夢を語ることができなかった。その時点で、この企画で選ばれることはなかったのかもしれない。

でも今回の企画を通して、大人になっても夢の大切さに気づかせてくれる前澤社長はすごいな、と思いました。

もう少しだけ、くだらないことを3つほど気づいたのでお時間ある方は読んでいってください。

この続きをみるには

この続き:671文字

前澤友作氏と「夢」

池田こーき / ikepon

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけると嬉しさで写真をいっぱいお見せする性格ですっ

ぼくも好きです!
8

落書き帳

noteをご購読いただいてる方が見られるチラシの裏のような落書き帳です。

コメント2件

Co.慶応、懐かしいよね!
購入ありがとうございます😭
日本史ラップ3回ループしました笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。