スクリーンショット_2019-09-25_12

気持ちのいいお店の条件って、何だろう?

今月のスタッフコラム

東京ストア店長の坂庭です。9月は、私がコラムを担当します。

IKEUCHI ORGANICで働きはじめて早3年。東京ストアの店長になって、もう2年が経ちます。

「どういうお店がお客さまにとって、いいお店なのだろう……?」

こんな風にお客さまに対して思いを馳せると同時に、スタッフのみんなにとっても同様のことを考えています。東京ストアは、私を除いて、全員がアルバイト。働いてくれるメンバーのみんなにとっても、いいお店だと感じてもらうには何が大切なのでしょうか。

と言いますのも、店長になったばかりの頃は、「お店を盛り上げていかないと…」「店長として、しっかり振る舞わなければ…」と勝手に自分を追い詰め、スタッフのみんなとの意思疎通がうまくいっていなかった時期があるからです。

「これをしてください」とお願いしたことができてなかった時に、「なんでやってくれないんだろう…」と、それを許容できない自分がいました。

とはいえ、指示されたことを忘れること(もしくは、できないこと)なんて、私にだってあります。自分のことは棚にあげて、みんなに完璧を求めるなんて、おかしなことです。

しかも、ストアスタッフは接客の他にも、やるべきことが沢山あります。商品を検品したり、棚卸しをしたり、ギフト用に商品を梱包したり…。優先順位をきちんと伝えられておらず、私の指示がゴチャゴチャしたものになっていたことが根本にありました。

以前の自分を反省し、「スタッフ1人ひとりが、どうしたら働きやすいか?」を強く意識するようになりました。

スタッフによっては、接客が好きな人もいれば、黙々と作業をする方が好きな人もいます。メンバー個々人の特徴や性格をなるべく知って、その人が望むこと(強みを発揮できること)に、多くの時間を割いてもらえるようにお願いをしたいと思っています。

そして、ストアで最も大切なのは接客になるので、他を心配せずに、お客様に集中できるように、業務の優先順位をみんなで見直しました。

やっぱり、心に余裕がない状態で接すると、それはお客様にも伝わってしまいます。

お客様に心地よい時間をお店で過ごしていただくためにも、自分たちがリラックスした状態で接するということが大切です。

いかにリラックスしながら、働きがいのあるお店にしていくかーー?

これが、東京ストアをいいお店にしていくために、今の私が考え続けていることです。

最後に、ストアでの嬉しかったエピソードをひとつ紹介します。

ストアでは、お客様にお茶を振舞うための木のコップがあります。ただ、長い間使用しているため、コップのふちが少し汚れていました。すると、スタッフのひとりがヤスリをかけて、食用オイルを使って磨いてくれたんです。コップがピカピカになりました。

アルバイトで働いているメンバーなので、わざわざそこまでする必要はありません。それなのに、そこまでやってくれて、とても嬉しく思いました。

しかも、なぜ家にヤスリがあったのかを聞いてみると、どうやら息子さんのものだったようです。中学生くらいの時に、「太鼓の達人」にハマって、自分専用のスティックを磨きあげるために使っていたヤスリらしいんですね。「太鼓の達人って、そこまでやるものなんだ!」と驚きつつ(笑)、家族の話を聞かせてもらったことも嬉しかったです。

もともとコミュニケーションが得意なタイプでは私はないのですが、なんとなく、自分がやってきたことはいい方向に向かっているのではないかと自信を持つことができました。

私たちのお店にお越しいただいたお客様に、いい時間を過ごしていただくためにも、スタッフのみんなと良い関係を築いていきたいと思っています。


今月のお知らせ

ここでは、今月のIKEUCHI ORGANICに関するニュースをハイライトでお届けします!

・・・

◉年に一度のファンイベント『今治オープンハウス 2019』が、10月26日(土)に開催!参加希望者多数のため、増席しました!

画像1

今回で3回目の開催となる『今治オープンハウス 2019』を10月26日(土)に開催します。参加希望枠が早々に埋まったため、増席しました。

今治オープンハウスはIKEUCHI ORGANICの年に一度のファンイベントです。今治の本社工場を開放し、スタッフ総出でファンの皆様にIKEUCHI ORGANICのすべてを余すとこなく見ていただきます。

詳しくは、こちらの記事にまとめています。今治でお会いできることを楽しみにしています!

・・・

◉D&DEPARTMENTのナガオカケンメイさんをお迎えし、京都ストア5周年の記念イベントを開催しました!

画像2

画像3

皆様に沢山の応援を頂き、京都ストアは9月に5周年を迎える事となり、お礼の気持ちを込めて記念のトークイベントを開催しました。テーマは「こうして迎える5周年」。ゲストにIKEUCHI ORGANICのブランドリニューアルを手がけてくださったD&DEPARTMENTのナガオカケンメイさんをお迎えし、代表の池内と、5年間を振り返りつつ、これからのイケウチについて語り合いました。当日は、沢山の方にお集まり頂き、ありがとうございました!

・・・

◉理想的なタオルの洗い方を実現!パナソニックからIKEUCHI ORGANIC監修の「タオル専用コース」を搭載した「ななめドラム洗濯乾燥機」が11月上旬に発売

画像4

IKEUCHI ORGANICの社長であり、タオルドクターの阿部が監修し、理想的なタオルの洗い方を追求した「タオル専用コース」が搭載されたパナソニックの「ななめドラム洗濯乾燥機」が11月上旬に発売することになりました。

水量を増やしてやさしく洗い、ほぐし運転でタオルのパイルを起こし、風をしっかり当てて乾燥。「プロの技」3つに学んだ専用コースで、気持ちいい肌ざわりのタオルに仕上げます。詳しくは、こちらをご覧ください!

・・・

◉週刊女性に代表・池内の記事が掲載されました

週刊女性のシリーズ「人間ドキュメント」に、池内の記事が掲載されました。池内のこれまでの生涯を、友人知人のコメントを入れて、ドキュメンタリー仕立てにまとめていただいています。池内の新たな一面が知れる記事になっていますので、是非お読みいただけると嬉しいです!

・・・

◉共感コミュニティ通貨「eumo」の実証実験に、イケウチも協力します

スクリーンショット 2019-09-30 8.15.25

共感コミュニティ通貨「eumo」の実証実験にイケウチも協力します。期間中は、イケウチの東京・京都・福岡・今治のストアでeumoを使用することが可能です。詳しい情報は今度リリースする予定です。


今月いただいた投稿

ここでは、「#IKEUCHIORGANIC」で投稿いただいた内容を共有させていただきます。また各投稿には、イケウチスタッフからのコメントも記載させていただきました。

・・・

▲ 喜んでいただけて嬉しいです!これからのシーズンも重宝するアイテムのひとつですので末永くご愛用いただけたら幸いです!(東京ストアスタッフ 奥村)
▲ 嬉しいお言葉をありがとうございます! 使うたび肌に馴染んでいくのがイケウチのタオルのいいところですのでぜひヘビーローテーションしてください。お洗濯やメンテナンスのご相談も承っておりますのでお気軽にどうぞ!末永くご愛用いただけますと幸いでございます。(お客様相談室 田畑)
▲ ありがとうございます!OPEN時からずっと応援くださっていて沢山の愛を頂戴し私たちスタッフはとても嬉しくシアワセな気持ちでいっぱいです。
6年目も皆さまとの時間を大切に一歩一歩楽しく進んでいきたいと思っておりますので応援の程よろしくお願いします!またいつでもSTOREに遊びにお越しくださいね。(京都ストア店長 益田)
▲ FC今治×コットンヌーボーのコラボタオルお買い上げありがとうございます! このタオルはFC今治のオフィシャル通販か今治でしか買えないレアリティの高いアイテムです! このシンプルさがまたサポーター的にも嬉しいアイテムなんです。また東京での試合にはタオルを持ってぜひ起こしください。(WEB担当・FC今治サポ 神尾)
▲ パナソニック時代から数えるとモノづくりを50年近くしてきました。振り替えると失敗作も沢山、数少ない成功作を生んできたわけです。簡単に作って売れたものといえば、瞬間的に売れるアイデア商品で、長い目で見れば会社にとってもお客様にとっても余り嬉しい商品ではありません。めんどうな手間を重ねて開発して世の中に無いものを作り上げて、これが感動や共感を呼び永く愛されるものだと最近わかり始めてきたんです。(代表 池内)


noteの記事や、商品の感想をお待ちしてます!

最後まで、お読みいただきありがとうございました!

IKEUCHI ORGANICでは、「ファンの方々と一緒に未来をつくって行きたい」と思っておりまして、よかったら、ハッシュタグをつけてSNSなどに感想を投稿いただけると嬉しく思います。

#IKEUCHIORGANIC

こちらのハッシュタグがついた感想には、イケウチスタッフが全て目を通して、イケウチのこれからに活かしていきたいと思っています。

ご感想、お待ちしてます!

また、IKEUCHI ORGANICではTwitterのアカウントもやっています。note記事の元ネタをつぶやいたりします。よかったらフォローいただけると嬉しいです!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

みんなのスキが励みになります。ありがとう!
22

IKEUCHI ORGANIC 公式note

「我々がつくっているのはタオルではなく、物語である」というのは代表・池内の言葉です。語れる物と書いて物語。今治でオーガニック100%のタオルを中心に語れる物づくりを志ざすIKEUCHIスタッフの"今"をお届けします。Web→https://www.ikeuchi.org

隔週水曜更新・みんなの声が集まる「イケウチな人たち」マガジン

IKEUCHI ORGANICのハイライトニュースと、SNSに投稿いただいた「#イケウチな人たち」や「#IKEUCHIORGANIC」のハッシュタグがついた声を共有させていただき、イケウチな人同士のつながりが生まれるキッカケをつくるマガジンです。★隔週水曜日に更新予定
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。