「ファンタジィ」

67
ノート

おまけ102【霊魔怪シリーズ「丸」】

【丸】  光丸蟲(こうがんちゅう)を見つけた。  さいきん妙にアヤカシモノが騒がしいと思っていたら、なんでもない住宅街の一画に、光丸蟲が群れて...

おまけ101【霊魔怪シリーズ「下」】

【下】  鼠老子から依頼があった。  報酬は発生しない。仕事ではないからだ。  頼まれたら断れないだけの恩は受けてきた。承諾するよりない。  ...

おまけ100【霊魔怪シリーズ「草」】

【草】  街に新型のドラッグが流行っているらしい。悪道会からそういった情報が入った。  収益が悪化しているのでなんとかしてほしい、との依頼だ。...

おまけ99【霊魔怪シリーズ「逢」】

【逢】  近くに寄るので会わないか、と文が届いた。待ち合わせ場所は、自然公園だ。  約束の期日にちょうど仕事で出向く予定があった。会おうとすれ...

おまけ98【霊魔怪シリーズ「天」】

【天】  あるものをとってきてほしい。  境会の使者から依頼された。なんでも天空迷園から、神具を回収してきてほしいのだという。  天空迷園の名...

おまけ97【霊魔怪シリーズ「擬」】

【擬】  花をどうにかしてほしい、と依頼が入った。  出向くと、庭に立派なオニユリが咲いていた。切っても、抜いても、また生えてくるらしい。  ...

おまけ96【霊魔怪シリーズ「崖」】

【崖】  三毛猫本店はレストランだ。登山道をすこし外れた場所にある。  崖に通じているため滅多に人が通らない道だが、突き進むと、赤い三角形の屋...

おまけ95【霊魔怪シリーズ「計」】

【計】  霊魔怪シンポジウムに招待された。  場所は境会の支部だ。  正式名称、霊魔怪境界協定維持委員会は、各界の中心人物がまとまって運営して...

おまけ94【霊魔怪シリーズ「器」】

【器】  魔女から連絡が入ったので、暇をみて足を運んだ。  都会のど真ん中で喫茶店を営むその魔女は、裏市界隈ではちょっとした有名人だ。  仕入...

おまけ93【霊魔怪シリーズ「蜂」】

【蜂】  アジサイの季節だ。  このところアメフラセをよく見かける。小鳥のような見た目をしているが、目が八つあり、頭部だけを見るとどこか蜘蛛を...