アクセス0のときこそ、等身大の発信を

SNSを始めると一番最初にぶち当たる壁が「アクセス0問題」じゃないでしょうか。

渾身の1作が書けた!よし投稿だ!あ、まてよ、やっぱ見てもらうなら12時か…もうちょっと待とうっと。

そしていざ投稿。


しーん。


ん?


しーん。


え?


しばらくしてダッシュボードをのぞきにいくと、アクセス2とかね。

あ、これ完全に私が見た2回だな、みたいな。そういうことありませんか。


Twitterでもね。

あ、やば。こんなストロングスタイルでいったら、燃えちゃうかな。でも偽りない私の思いだから。いけ!Twitterという大海原に!

って投稿して。


しーん。


あれ?


しーん。


あっ…全然だね。波風なんて全然立ってないわ。無風だわ、無風。


私はこの期間に疲れてしまうことが多くて、Twitterもnoteも登録したまましばらく放置してたんですよね。

でもいつかはやらなくてはいけないと思って、今年はSNSに力をいれています!

今もまだまだフォロワーさんは少ないし、アクセスも1記事で1日150件くらいしかないわけなんですけど、

元々が長く無風状態を経てるから、記事あげれば必ず何かしらリアクションがあって、たまに「共感します」とか「考えさせられました」とか言ってもらえるだけで本当に本当にうれしい。泣きそう。

そして自分のことを包み隠さず話しているからか、自分と考え方が似ている人が近くに集まってくれていて、それもとてもうれしい。以前竹村さんが書いていたように、SNS上に人格を生み出すのは大切だと思う。たくさん発信することで私を知ってもらうことができる。

最初は手っ取り早くフォロワーを増やしたい!とおもって、いかに特徴的な発信をするかと考えていたけど、これをやっていった先にあるのは地獄だと思います。

私は本名で発信するってきめたときに、SNSとリアルの乖離をいかになくすかを考えました。

最初は怖いんだけど、発信したところで無風ですからね。誰も見ちゃいないという(笑)。


だからアクセス0の時に、自分らしい振る舞いを練習しておくって実は大切なことなのではないかと思うのです。

SNSとリアルの乖離はいつか必ずどこかでばれるし…。このSNSをこれから温めていくと決めたら、焦らず等身大の発言をしていくべきだと思います。

とかいって私も全然まだまだですけど…!

目指せフォロワー1万人!!



【本日のうえいく】
電話取材:30分
原稿:3時間30分(うーんうーんうなってた原稿が3本あげられた!)
テープ起こし:2時間

本家さとゆみさんの許可をいただき、今日から真似させていただくことにしました。
7月はスケジュールが立て込んでいるため、これを書くことで時間の管理もがんばりたいと思います!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます!これからも自分にまっすぐ向き合って文章を書いていきます!

ありがとうございます!
14
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。