ちょっと冒険『メガ盛り』発見!

そのお店の名は『RM Pak Tardja』。

RMというのはRumah Makanの略です。印象としてはレストランだとちょっとおしゃれすぎる響き??の立派目の食堂、といった感じでしょうか。

実際行くと、完全にwarung(安食堂)。

今回はPasar Mayestik市場探検の後、徒歩300mとのことでGO! しかし、どうもぐるり、と違う方向から回ってしまったみたいで、それこそ「探検」みたいになってしまいました。後から「ここから出たらすぐだった〜」と大笑い。

Googleマップで市場近くの美味しそうな所、を検索してこんな写真を見つけて、もうクラクラ〜♥️ 感想等を読んでも美味しそう!「12時前には行かないと座れない程混みますよ」なんて書かれてて。ちょっと早足の私。↑は「牛のスペアリブのスープ」(sup iga sapi)。

スペアリブのスープ(山羊、もあります)と並んでこのお店で人気なのが、どうもこの手前の牛の骨髄のスープらしく、店内で地元のはおじさんもおばさんもストローでチュウチュウしてる!「あれはやらねばっ」ともちろんオーダー。

チュウチュウ〜♥️

味は?と言えば「濃厚な骨髄の味」...塩味がしっかりついてるスープをスプーンで注ぎ込みストローで一緒にくちゃくちゃにしてまたチューと吸うのがいい感じ。

サテも山羊、牛、鶏、とあります。

5人で行ってしっかり食べて3000円程でした。 女性だとスペアリブのスープ一皿とご飯、食べられないと思いますので、その場合は遠慮なく「ブンクス」(包んで)と言って下さい。 お持ち帰りちゃんと出来ます。(ビニールに放り込んでくれるだけだけど) タッパー持って行っても良いかもしれません。

お昼にこの美味しいスープとごはんを食べて、残りを夜にシチューやカレー、肉うどんなんかにしても美味しいし、助かる!

一緒に行ったnyonyaのお二人は「うっ、ここ大丈夫かな」とローカル感たっぷりのところで躊躇されていたかも??(お一人は全日お腹の具合が悪かった、とのこともあり)

妙に薄暗く、初めての外国人は躊躇してしまうのでは?な雰囲気ですが、是非勇気を出して座ってみて下さい。忙しそうにテキパキ働くスタッフが親切に声をかけてくれます。 「スップ(プは小さく発音)イガ サピ」を取り敢えず。そして「pakai nasi?」(直訳すると「ご飯を使う?」なのですが、ご飯をつけますか?というような意味です)と聞かれたらyaかtidakで。氷など心配であれば温かい飲み物やボトル入りのものもあります。

一番奥に座ると映画に出て来そうな路地が見えて人々の生活が垣間見える。何とも言えずいい感じ〜。

以前のブログはこちらでご覧頂けます。http://www.fururu.net/user/ikusisi/
バリ島発 オリジナルバッグ"sisi" http://sisibag.shop
バッグだけじゃない」うちの会社はこんな事をしています。http://sisibag.com/garden/
Instagram : ikusisi (個人のアカウントです)
Facebook: https://www.facebook.com/sisibag/

インドネシア国内限定LINE@ 始めました!
ID: @sisibali にお友達追加ください。こちらではsisiのあるバリ島🌴ウブドから直送のお得な楽しい情報をどんどん配信✉️いたします(^o^)

日本にお住まいのお客さまにはこちらのLINE@をどうぞ〜

お得な情報をお届けしますので、下記のリンク、またはQRコードから友だち追加してみてください。
https://line.me/R/ti/p/%40sisi

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

Naomi Ikushima

インドネシア・バリ島のブログ

バリ島・ウブドの日々の暮らしのブログ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。