iLEAP

アメリカ西海岸シアトルにある教育NPO。学生、社会人、社会起業家やリーダー向けに、自分を知り、よい社会づくりを促進するためのプログラムを行っています。

参加者インタビュー:自分を知らずしてリーダーシップは発揮できない

参加者インタビュー紹介シリーズです。

5人目は2019年春のグローバルリーダーシッププログラムに参加した、慶応義塾大学1年生(参加当時)の首藤賢吾(しゅどうけんご)さんです。

リーダーとリーダーシップの違い

一つすごく大きなことを学べたのは、リーダーとリーダーシップは違うなということです。

リーダーに明日なることはできないけれども、リーダーシップを発揮することは自分の姿勢次第で今にでもでき

もっとみる

セルフマネジメントのための特別理事会

iLEAPスタッフのけいです。

先日、長年続けていたことに名前があるということを友人から教えてもらいました。その名もPersonal Board of Directors(以下PBOD)。日本語だと「特定の個人のためだけの理事会」というようなニュアンスになると思います。

4年ほど前に、大学の授業でお話させていただいたときに、NPO運営の話や団体のミッションや苦労話についてお話をさせていただきま

もっとみる

参加者インタビュー:初海外で不安だったけど、もっと挑戦したい気持ちになった

2019年春のグローバルリーダーシッププログラム参加者にしたインタビュー紹介シリーズです。

4人目は立教大学1年生(参加当時)の塙優希(はなわゆき)さんです。

もっと色んなことに挑戦したい気持ちになった

自分の中に起きた変化は「もっといろんなことに挑戦したい」と思ったことです。私はこれが初の海外で、初のホームステイだったので、色んなことが新鮮で、もっといろんなことを知りたいと思うきっかけにな

もっとみる

日本滞在から見えてきたこと

iLEAPスタッフのけいです。

3月末から約1か月間、日本に行っていました。今回はいつも以上にミーティングも多く、国内出張もあり、子連れ日本出張としてはなかなか体力的にチャレンジングな滞在でした。

でもおそらく、今まで年二回は行く日本出張の中では一番多くの業界の人に会い、多くの人に会った旅になりました。

今回滞在中に戴いた名刺の数は56枚!大学、高校、政府、NPO、企業、マスコミ、旅行業、個

もっとみる

未来のリーダー奨学金のおかげで一生の財産を得ることができた

2018年に開催したファンドレイジングキャンペーン、「Pay it Forward」で集まった資金から始まった、iLEAP未来のリーダー奨学金制度。

この奨学金は、iLEAPのプログラムをより多くの人に、特に経済的・家庭的事情などで参加が困難な方や、海外経験が少ない方、地方出身もしくは在住の方などに体験してもらうため、必要に応じてプログラム費用の一部補充金として支給されます。

今回はその未来の

もっとみる