見出し画像

CHAGE&ASKA(チャゲアス)を愛し過ぎていることについて語ります。

今日は、あまりにも個人的な趣味記事投下します。(笑)

タイトルにもある通り、私はかなり前からチャゲアスファンでして。。。爆

 

どのくらいファンかと言うと・・・

私の母が胎教に使っていたのがチャゲアス(たまに玉置浩二)だったことがすべての始まりで、その英才教育が実を結び、チャゲアスの曲を聴くとお尻をフリフリしながら踊る、という、0歳の時からの正真正銘チャゲアスファンです。爆

30年。(笑)

 

物心がつき、初めて自分のお小遣いで買ったものも、彼らのCDでした。爆

・・・で、どうしてこのタイミングでこんな記事を書いているかと言うと・・・

 

いや、もうね。

ず~~~~~~~っと前から、これ、ブログに書いて良いかな~・・・

500%私の趣味の話だし、読者さんが求めている情報とは、完全にかけ離れているんだよな~・・・

・・・と迷っていて・・・

 

でも最近、私が毎日家で流しているからか、旦那(ブラジル人)がチャゲアスを好きになり始めたのと・・・

 

夫「ねぇねぇ莉美、チャゲアスのCD貸して~」

 

・・・とか言い始めたので、 やっぱり世界のチャゲアスだぜ!!

という想いがですね、どんどん抑えられなくなったことから、もう書くことにしました。(笑)

 

チャゲアスと共に成長してきたゆとり世代

私は控え目に言って、赤ちゃんの時からチャゲアスと共に成長してきたのですが、チャゲアス全盛期というのは、どちらかと言うと私の両親の世代で・・・

娘の私の世代には、残念ながら、なかなか同じくらいの熱量でチャゲアス(時々玉置浩二)を語れる友人が居ませんでした。

 さらに言うと、『チャゲアスと玉置浩二が好きだ』と言っても、『誰?』と言われる始末の世代。

 周りの友人達が、モーニング娘。やミスチル、スピッツなどに夢中になる中・・・

 私は部活が始まる前に、チャゲアスの難解極まりない歌詞を、中学生の自分にも理解できるよう、辞書を使ったり国語の先生に意味を聞いたりして、訳す作業が日課だったのを覚えています。

 この頃、ASKA氏の『顔』が単純にタイプであることに気が付き、さらにファン魂は過熱。

この辺からASKA推しになりました。(笑)

ASKA氏が剣士だったから、私も剣道を始めたし、ASKA氏が三段だから、私も三段を目指しました。
※お陰さまで、高校には剣道のスポーツ推薦で入学することが出来、無事、三段も取れました(笑)。

 ASKA氏は、それくらい私の人生に影響を与えた方です。

社会人になってからは、羽田・成田までチャゲアスの曲、しかもその日の気分で『1曲のみ』エンドレスで聴きながら空港に向かう、という生活がデフォルトでした。爆


ASKA氏の逮捕騒動

この問題に関しては、私は多分、マイナー側の意見だと思います。。。 

・・・と言うのも。

多分、チャゲアスのファンであれば、彼がキメてるんじゃないか?って思い始めたのは、ずーーーっと前のことだと思うから。

私が中学生になった頃(2000年頃)には、正直、もうその感じが出ていて・・・

13歳だった私は、とても不安だったし、心配でした。

本当に、正直に言ってしまうと、私はこの逮捕騒動が報道された時・・・


私「あぁ、ようやくか・・・良かった。」

 

・・・って思ったんです。爆

 

もしかしたらファンとしてはダメな反応なのかもしれませけど。。。

裏切られた感は無かったですね。

 

なんかやってるな、おかしいな、と思っていたのは、もう本当にずっと前からだったので、ようやく前に進んだ感を、感じたと言うか・・・

素直に、よかった~と思いました。

 

逮捕騒動で再び注目されるようになったチャゲアス

『金持ち父さん貧乏父さん』の著者である『ロバート・キヨサキ』の会社の一つである、リッチ・グローバル LLCが倒産して、再びこの『本』が注目されたように、チャゲアスにも同じ現象が起きました。爆

皮肉なことですが、正直、今の若い世代にチャゲアスの良さが伝わるのは、形はどうであれ、私は嬉しいです。爆 

こうやってまた注目されることで、ASKA氏のリハビリにも好影響を与えてほしいな~。

そもそも、私は『薬物依存』に関して、日本はその『使用者』を、非人間として見過ぎる点があると思います。

販売したり密輸したりする人が『悪』なんですよね、海外では。

もちろん、『使用自体』が日本では違法なので、悪いことには変わりないのですが、薬物の依存者は欧米でも南米でも『病気』『患者』として保護される立場。

元の生活に戻れるようにリハビリをして、社会が支えてあげる立場。

・・・それに対し、日本では、『人権侵害しても良い、犯罪者』になる。


しかも、なぜ、過去にキメまくってるジャスティンビーバーやリアーナは良くて、ASKAはダメなの?って思います。

BrunoMarsだって過去一回やらかしてますし。


何度も言いますが、薬物がダメなのは分かっています。 

・・・でもだからと言って、日本のメディアのような批判の仕方はありえないよな、と。

イジメと一緒。

ASKA氏が薬物依存になってしまったことは、彼の弱さであることには変わりはなく、それがファンを裏切る行為だったことも確か。

 

でもそれよりも、私は彼に、ファンとして、早く完全な健康体に戻って欲しいと思う。

今まで多大な迷惑をかけ続けてきた関係者の方々、そして誰よりもCHAGE氏に、早く公の場で『ごめんなさい』って言ってほしいと思っています。

個人的に、CHAGE氏は『菩薩』だと思っているので、ASKA氏もそこはちゃんとしてよっ!て思いますね。(笑)

 

私の個人的な好み。みんな聴いて(願)

Diana Krallだったら「The Girl In The Other Room」

Bruno Marsだったら「It Will Rain」

Billy Joelだったら「Honesty」

Amy Winehouseだったら「Tears Dry On Their Own」

 

・・・と、自分の好きな歌手には、大抵『一番好きな代表曲』があるんですが、チャゲアスにはマジで無い。

本当に本当に本当に選べない。

選べないのです。

1曲を。ばーん

 

でも、私の生活の中に、無いと日常生活に支障をきたす曲もいくつかあるのは事実であり(笑)、今回は泣く泣く割愛しながら(選曲に2日かかってますから!!!!!)も、私の中で重要度の高いタイトルのみをピックアップしました。(個人的な好みです)爆

 

動画をアップしすぎると重くなるので、めちゃくちゃ割愛しています。

ここまで『割愛』という日本語を正しく遣ったことは、この人生で一度もありません。爆

 

無いと多分本当に生きていけない曲


無いとマジで料理作れなくなる曲


ブラジル人も『イイ(*‘∀‘)♪』と言う曲


Happy Birthday ASKA!!

・・・ということで。

ASKAさん、お誕生日、おめでとうございます。
※当記事は過去記事の引っ越しさせています。
公開日は2018年2月24日です。

(*^▽^*)

還暦を迎えるこの日が、最高の誕生日となりますように!

これからもASKAさんに沢山の幸せがありますように!

そして早く体調戻してください!!!!!!


\ メインブログにも遊びに来てね /


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

イリウダ莉美

ブラジル在住のゆとり世代フリーランス、一児のママ。元剣士。書くことは好きだけど脳内整理が苦手。 noteは思考整理のために利用させて頂きます。メインブログ→https://life.japoleira.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。