「ふくらはぎ」が太くなってしまう人の見落としがちな原因

 下半身のバランスを見たときに「ふくらはぎ」が太いと感じている人の見落としがちな原因を紹介します。

 これは実際に私の体で起こったこと、セッションを通してお客さんが知らなかったこと、理論的な背景を踏まえて書いていきます。


 今回は、以下3点の流れで記載しようと思います。


・「ふくらはぎ」ってなに?

・見落としがちな「ふくらはぎ」が太くなる原因

・「ふくらはぎ」を鍛えれば細くなるのか?



「ふくらはぎ」ってなに?

 


 まず「ふくらはぎ」と呼ばれる場所は、膝から足首(くるぶし)のことを言います。専門的な用語では、「下腿(かたい)」


 ここには筋肉がいくつもあります。全部で13個あります。一般的にイメージされる「ふくらはぎ」は、おそらく腓腹筋(ひふくきん)・ヒラメ筋と呼ばれる筋肉だと思います。腓腹筋は魚のししゃもみたいな筋肉で、ヒラメ筋はその下についている筋肉です。

「13個も筋肉があるんだぁ〜へぇ〜」くらいに思ってもらえれば良いです。


 「ふくらはぎ」が使われているときは、

・体を支えているとき(立っているとき、歩いているとき、走っているときなど)

・つま先を持ち上げるとき(歩いているとき、走っているとき)

・地面を蹴るとき(歩いているとき、走っているとき)

です。


 おもに全体重を支えるためにがんばってくれる存在であり、つま先を上に持ち上げる、地面を蹴るときに必要な筋肉です。細かく分けるともっともっとありますが、難しくなるのでこの辺にしておきます。



見落としがちな「ふくらはぎ」が太くなる原因



 「ふくらはぎ」を細くする前に、「ふくらはぎ」が太くなってしまう原因は3つあります。


❶  むくみ

❷  筋肉が大きい

❸  脂肪がついている


今回は❷について話しをしていきます。

❶と❸について記載するととても長くなってしまうので、今回は❷について説明していきます。

 上にある写真は2018年8月時点の私の「ふくらはぎ」です。ただ、昔からこうだったのか?と言うと違いました。昔はもう少しもっこりした「ふくらはぎ」でした。下の写真は2011年の「ふくらはぎ」です。


 トレーニングやリハビリの世界では、「代償動作(だいしょうどうさ)」と呼ばれる間違った動き方がよく取り上げられます。漢字の書き順を間違ってしまうことと似ていますかね。本当はこういう書き順なんだけど、間違って覚えたまま。漢字としては成り立っているけど、書き順が違うとどことなくいびつな形に仕上がってしまうようなことと似ているかもしれません。


 この代償動作を「ふくらはぎ」に例えてみると、こんな感じになります。


 「ふくらはぎ」は、体を支えているときや歩いているときに使われると上に書きましたが、体を支えるときや歩いているときは「ふくらはぎ」以外にもたくさんの筋肉が活動しています。あなたが思っている以上にたくさんの筋肉を使っています。

 

 筋肉を大きくするために必要なことは筋肉に刺激を与えることですが、代償動作が起こった状態で日々過ごしている人にとっては、歩いていること、立っていることがで「ふくらはぎ」が知らぬ間に筋トレになっている可能性があります。

 本来であれば、お尻の筋肉や体幹と呼ばれる筋肉(これ以外にもたくさんあります)が体を支えてくれることで「ふくらはぎ」にかかる刺激は少なくなるので、筋肉が大きくなることはありません。ですが、お尻の筋肉や体幹の筋肉たちが弱いことや使い方がわからないまま過ごしていると、「代償動作」が起こり「ふくらはぎ」に刺激を与えてしまうとことが起こります。

 ほかにも「協同筋支配(きょうどうきんしはい)」という理論も「ふくらはぎ」が太くなってしまう原因に挙げられますが、別な機会に書こうと思います。


 私の場合は、これが起こっていたのだと自分では分析しています。以前は体幹も弱かったですし、お尻周りの筋肉なども弱かったからです。今は、呼吸法やその他のトレーニングによって「ふくらはぎ」にかかる刺激を少なくすることができたのだと思います。



「ふくらはぎ」を鍛えれば細くなるのか?



 これに対して私の答えは「NO」です。理由は、上に書いたとおりです。その他にもむくみや脂肪といった原因も考えられるため「ふくらはぎ」を鍛えることで、細くなる可能性もあると思いますが、私の知識と経験からは何とも言えないです。1日に何千、何万と歩く人もいるのでそれだけでも十分鍛えられていると思います。

 私が「ふくらはぎ」を細くするためにオススメすることは、姿勢が良くなるよう呼吸法で体幹を鍛え、お尻周り(股関節まわり)の筋肉を鍛えていくことです。遠回りのようですが、結果「ふくらはぎ」が細くなっていきます。筋トレでなくてもストレッチだけで細くなるケースもあるため、色々と試してみてください。

 今回はこの辺で終わりにしたいと思います。ここまで読んでいただきありがとうございました。少しでも自分の体と向き合う時間、自分の可能性を信じて変化するきっかけになれば嬉しいです。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

59

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメント2件

参考になりました!これ以上太くならないようにがんばりたいと思います笑
トンカツさん、コメントありがとうございます!ぜひ続けてみてください^^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。