book1

📚ZINEを作りました📚
『鶏麗幇(keireipan)』という音楽のZINEをしばらく作ろうと思っています。本気の趣味というかライフワークで作っています。
この間投稿したイベントが1号目の初御披露目でした。🎊

去年色々思うところがあって、新鮮に音楽を知れる媒体がないかなと漠然と思っていました。その時に、原宿のBIG LOVE recordsで偶然手に取った『So young Magazine』というイギリスのZINEが衝撃的でした。
大胆なイラストの構図、色のコントラスト、全体の質感…並んでいるだけで佇まいがある紙ならではのパンチ力にやられました。

前々から感じていたWebのマンネリ感も加わり、ZINEって面白いなと思い始めてみました。
友達や今回知り合ったアンドサタデーcoffeeのお2人など、沢山の方の知識を借りてなんとか形になりました。

インタビューでは最新作『FISH』が素晴らしかったR&Bシンガーの入江陽さんに、かなり赤裸々に話して頂きました。手前味噌ですが、面白いです。
『FISH』を通して入江さんの今のムードや、ものの捉え方についてお話しして頂きました。俯瞰と矛盾と反発があって、それを凄い頭の速さで処理している様な、大きく捉えるならかなり「面白い人」です。『FISH』後のインタビューは恐らく鶏麗幇が初なので、貴重だと思いますし、その分沢山の人に読んで欲しいです。

そして、かねてから縁があったodolに話を聞きました。新譜『視線』を出し終えて渋谷WWWのワンマンを終えた今、ボーカルのミゾベさん、ピアノの森山さんという中心メンバーにお話を聞いたんですが、バンドという独特なコミュニケーションの関係性とメジャーなものを目指しているバンドマンの緊張感を肌で感じました。
音楽や人に対してとても誠実な2人で、1から10まで話してくれました。本当に素敵な音楽を作る人達だし、これからもどんどん良い曲を作ってくれると確信してます。追いかけます。

CHAIのコラムを及川さんに書いて頂きました。
1番ライブ会場で会って、この1年のCHAIの盛り上がりと熱量を感じてるCHAI好きな女性といえば、と思っていてお願いしました。
言葉のチョイスは柔らかくて、やっぱりお願いしてよかったなと思ってます。「鍛えあげられていないお腹も愛おしい」そんな言葉は自分じゃ出てこなかった…!

NOT WONKのコラムを自分は書いてます。去年出たシングル“Of Reality”のPVについて書いてます。楽曲として素晴らしいし、彼らの姿勢を示してるPVだと思います。本当に見てほしいPVです。

そして今回イラストを書いてくれた早瀬さん、源川さん、入江陽の刺繍を作製してくれた小菅さんにはとても感謝しています。お菓子は及川さんに、いつもありがとうございます。どれも本当に素敵です。

ZINEは下のURLからいつでも見れます。
https://issuu.com/yutaimai/docs/zine_______________book1

・SNSもぜひ、フォローして下さい〜
Instagram https://www.instagram.com/keireipan
Twitter https://mobile.twitter.com/keireipan

足りない頭、技術不足、人員不足をなんとかカバーする為に悩んで作った分、出来ない事、出来る事、やりたい事もくっきりした気がします。
とにかく今は出来上がったものをどう見てもらうかだけれど、次の話をするならもっと良いものが作れると思う今井でした。

まだまだやるぞ!!という気持ち。
長くてすみません。以上!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

基本は日記ですが、ニュースや時事ネタなどに触れたオープンな投稿を心がけています。音楽・出版など。

励みになります。

imai

鶏麗幇(keireipan)

音楽ZINE📚
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。