見出し画像

「販売の職人」として



「北九州市 小倉」


ネットでは”修羅の国”だと言われ
毎年のようにド派手な成人式の映像がTVで流れるこの街は
元々は「モノづくりの街」で
八幡製鉄所をはじめ
北九州には今でも沢山の工場が立ち並んでいる。
同じ福岡県内の博多が「商人の街」ならば、北九州は「職人の街」である。



いつだったか
ホームセンターで仕事をしたときに店員さんが
「北九州のお客さんはやたらと詳しい人が多いからこっちが勉強になる」
と言っていた。
モノづくりの職人の街、ならでは。




北九州の百貨店といえば「井筒屋」
そこにも「モノづくりの職人」がいる。
有川善博さん
私はこの方の大ファンで、
仕事一切関係なくただのファンとして直接会いに行ったことがある。
熟練の職人さんらしい
穏やかな雰囲気ながらも鋭いまなざしがあり
言葉の節々にこだわりを感じ
存在に重厚な説得力がある
「自分も将来こういう職人になりたいな」
そう思わせてくれる方だった。
直接会いに行ってよかったと、素直に思った。




私の仕事は
宣伝販売・実演販売を中心とした「販売力の提供」
販促のみに絞った「PR力の提供」
それによって売上高・販売数という「数字の完成物を納める」仕事。
モノづくりの職人が「作った完成品を納める」のとまったく同じ
そう思っている。




モノづくりの職人の街、北九州で
私は「販売の職人」として、生きている。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
4

コラム

仕事にまつわるコラムとなります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。