見出し画像

「お誕生日プレゼントを贈ってみる!」     ---ImproArt企画---


いつもご覧いただき誠にありがとうございます。
福岡県北九州市は小倉にありますImproArtという
小さな小さな事務所の代表をしております林でございます。


日頃よりこのnoteでは
・ImproArtのプレスリリース・事業内容
・事業にまつわるエッセイ・技術書
・広報部員?DJ Hayashiによる不定期FREETALK
を中心に配信を行っておりますが
本日は、
一個人の「ただの林さん」としてこれを書いてみようと思います。
(たまには、いいかなーと思いまして。)

一応、肩書としては代表とかついておりますが
ImproArtは現在個人事務所としてやっておりますので
「ImproArt=林さん」状態でございまして(笑)
早く法人化して社長になりたいものだと
そんなことを考えている30代半ばのただの女性であります(笑)
あ、また仕事の話が出ましたね。
もー、自分で事業を始めた2017年秋からずっとこれなんですよー(笑)
起きてる間はずっと仕事のことばかり頭に浮かんでまいりまして
止まらないんですよねー、私の場合(笑)
アイデア原泉かけ流し(笑)
とかは、どーでもよくて(笑)
私のプライベートのお話をほんの少しだけ。。。
ここ数年はまともに着れてないのですが稀に和装することがあるんです。
元々自分がお着物好きだったわけではなく
いまは亡き祖母が私に託した夢のようなものでして
はじまりは20代後半、まだ東京にいる頃になります。
数カ月に一度、
祖母から着物が送り付けられてきまして
気が付くと洋服ダンスの半分以上が着物で埋め尽くされるという
およそ20代後半の部屋とは思えないものとなりました(笑)
それから小倉にUターンして実家に戻りますと
母親は私よりさらに大量の着物を持っていることが判明(笑)
どうやら母もかつて
私と同じように大量の着物を送り付けられていたらしく
「本当におばあちゃんらしいよね」と
母娘で話したのを記憶しております。
そんな祖母が、生前自分が着ることがなかった一着の着物を
遺言代わりに私に残しました。
「家紋入りの紫の訪問着」
今もまだ仕立て糸がついたままのこの紫の着物は
なにか特別なお慶び事の時に着ようと、ずっとそう考えていました。
そしてようやく、その時がきたように思っております。
”大好きな小倉城のリニューアルオープンがある”
ニュースを目にした瞬間「これだ!」と直感で思いました。
戦後の日本、まだ女性の地位が確立されていなかった当時
「女のくせに生意気だ」と言われながらも
それを笑い飛ばすかのように底抜けに明るく・パワフルに
男性といつも肩を並べながら出世街道を驀進し続けた
現代のキャリアウーマンの先駆けだった祖母。
その祖母が残した紫の訪問着は、晴れ舞台がとてもよく似合う。
「よし!これを着て小倉城のお祝いに行こう!」
3月30日、小倉城のお慶び事。
やっぱりお祝いはいいですねー!めでたい!
あ、今これを書きながらふと思い出しました。
・・・
「そーいえば、3月16日は自分の誕生日やん(笑)」
やっぱりこういうところがダメですねー(笑)
人のお慶び事優先で自分の誕生日をすっかり忘れるという(笑)
それで、今の今まですっかり忘れてましたので
自分へのプレゼントはなーんも用意してないのですが(笑)
「たしかnoteさんにはプレゼントを贈れる機能があったはず・・・」
と閃きまして
こんなしょーもない企画を考えてみました!(笑)


------------------------------------ImproArt企画-----------------------------------

        「お誕生日プレゼントを贈ってみる!」

企画主旨:自分への誕生日プレゼントをすっかり忘れていた林さんへ
     有志の皆様よりプレゼントを贈ってみるというもの

プレゼントを贈る方法:
     記事最後にある「サポートする」ボタンより

プレゼントのお礼:
     いただいたプレゼントのお礼としまして全員に
     和装した代表のプライベート写真他をお送りします。
(「そんなもんいらねー」という方には別のモノをお送りします。)


募集期間: 今から ~ 3月15日(金) 23:59 まで

発表:   3月16日(土) 『FREETALK #007』にて
     (プレゼントがまったく届かなかった場合でも発表します)

--------------------------------------------------------------------------------------

それでは有志の皆様からのプレゼント、お待ちしております!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。