note046 受験生へ 独立したいなら

8月に論文試験があったようだ。

受験生の皆さん、お疲れ様でした。

手応えはいかがだろうか?

大丈夫と思った方もいれば、不安な方もいらっしゃるだろう。

ちなみに、なかいは、手応えがあったけど、少しミスをしたからそこだけが気になって気になって、不安で不安でという感じで、合格発表までの時間を過ごしたけれど、今思えばそんな過去のことを引きずっていても全く意味がなかったと反省している。

それよりも、合格したことを前提に、もっと中長期の計画を真剣に考えればよかったと今では思うよね。

そして、その選択肢の一つとして独立がすべての会計士には与えられている。

とはいってもなかいさん、我々はまだ監査も知らないし、当然税務も知らないし、とりあえず監査をやってみないと独立という選択なんてできないですよ、なかいさん、という声も聞こえてきそうだ。

しかし、夢をつぶすようで恐縮だけど、現実を言っておこう。

今の監査をやってみればわかると思うが、楽しいのは最初だけ。

本当に楽しく監査をやっている人間は、一握りだと思う。

なぜなら、監査法人に入ってみればわかると思うけど、本当に、こんなことを調書にしなくても大丈夫じゃない?みたいな調書を作成することが沢山あるから。

そんな現代監査を心の底から面白いと思っている会計士は本当に少ないと思うし、その現実をまずは理解頂きたい。

その上で、独立という選択肢に興味がないという人は、読まなくていい。

逆に、独立も視野にいれないとと思う方は是非。

また、早く独立したいから、例えば、税理士法人や会計事務所という選択肢を初めから考えている方にも参考にして頂ければと思う。

まずは、監査法人に入るべきかどうかについてから書いておこう。


この続きをみるには

この続き:1,879文字

note046 受験生へ 独立したいなら

なかい

700円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

なかい

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。