note048 会計士が営業をする上で重要なこと その1

note047 独立して営業する場合に重要なこと、では、営業の本質的なことについて、ご紹介した。

https://note.mu/inakacpa/n/ncf66e4b4bde1

正直、ここで扱ったことを正しく理解し、長期的な営業活動を実行すれば、必ず、徐々にいいクライアントからの依頼が継続するようになるとなかいは思う。


一方、本質的なことも大切なのだけど、やはり、テクニック的なことも重要なのである。

つまり、テクニカルなことを知っていれば、例えば、迷っている依頼者に対しては、成約率を上げられる。

少ない機会だから、成約率も上げて、売上を確保しないとでしょ。


あと、なかいもこれは経験済みなのだけど、特に、軌道にのるまでが少し大変なんだよね、会計士でかつ若手の独立は。

なぜなら、独立後の実績、既存客等、依頼者はすこし不安に思うから。

だから、その点のデメリットをカバーするためにも、テクニカルな営業スキルは知っておいた方が絶対いい。


ちなみに、営業スキルと、マーケティングスキルは、似ているようで違うから。

営業スキルというのは、なかいのイメージでは、特定の人と1対1での説得といった感じだろうか。

一方、マーケティングというのは、対照的に、複数の方に対した情報発信による集客といった感じだろうか。


営業経験がなく、不安な方は、是非。

では、その1へ。


この続きをみるには

この続き:1,296文字

note048 会計士が営業をする上で重要なこと その1

なかい

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

なかい

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。