通り抜けない道の先の秋

通り抜けない道の先の秋
秋の朝、朝露で濡れた道を行く。
滅多に車が通らない、この先通行止の道には木の葉がいたるところに落ちている。
むかし、小学校があったこの場所から振り返ると朝日が差し込み秋色の山をさらに輝かせていた。
通り抜けできない道の先にある秋の景色。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは生活の糧(ビール代・温泉代)にさせていただきます。よろしくお願いします。

ありがとうございます!!!
5

Keisuke Harada

いなかけしき

いなかのけしき
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。