見出し画像

3.11から8年

本日、平成31年3月11日は、平成23年3月11日(14時46分)に発生した東北地方太平洋沖地震からちょうど8年の時が経った日です。

東京都千代田区の国立劇場では、秋篠宮同妃両殿下ご臨席の下、政府主催の「東日本大震災八周年追悼式」が執り行われます。

M(マグニチュード)9.0、最大震度7という我が国の観測史上最大の規模と揺れに加え、東北地方の太平洋沿岸を中心に甚大な被害をもたらした巨大津波、それに伴い発生した東京電力福島第一原子力発電所での大事故。

改めてこれら「東日本大震災」で犠牲になられた1万5,000人を超える方々に対して、心から哀悼の意を捧げます。

また、未だ2,500人を超える方々の行方がわかっていません。その全ての方々が大切な人の元に帰ることを切に願います。

そして被災された全ての方々に、心からのお見舞いを申し上げます。

(全国の犠牲者・行方不明者数は平成31年3月1日現在、警察庁発表)


「忘れてはいけない」

この言葉が繰り返される度に、僕は複雑な気持ちになる。

震災の記憶が風化していくということ。それは、再び同じ悲劇が繰り返されてしまう可能性があるということ。

どのような行動が命を助けるのか、どのような備えが家族や大切な人たちを守れるのか。この点において、震災でのあらゆる教訓そのものは、後世に、震災未経験者にしっかりと伝えていかなくてはならない。だから、「忘れてはいけない」のだ。

しかし、この「忘れてはいけない」という言葉が、時に被災者を、被災地をある意味苦しめているのかもしれないと思うときがある。

復興は確実に進んでる。もちろん、完全ではない。しかし、ほとんどの東北の人たちは日々当たり前に笑い、楽しい生活を送っている。

彼らにはきっと、「あの日からつづく暗い雰囲気なんかを忘れてしまうくらい、今を楽しく過ごしたい」なんていう気持ちもあるんではないだろうか。自分だったらそう思うだろう。

彼らに、「忘れてはいけない」という言葉が「のしかかって」いるとしたら…。もちろん、「忘れる」の意味は全く異なるが。

■表紙画像=岩手県公式動画チャンネル

改めて考えたい。

8年経って複雑な心境であろう東北の人たちも、被災していない僕たちも。

我々が本当に忘れてはならないこと。

それは、東北という地が、震災以前から素晴らしい場所であるということではないのか。

東北は、豊かな自然があり、人情溢れる町ばかりで、食べ物は美味しくて、必ずまた行きたいと思うことのできる、素晴らしい場所なのだ。

そう、震災以前も、そして今も。

この瞬間も、東北では、人々が力強く生きている。

震災の教訓と共に、これらのことも我々は「忘れてはいけない」のだ。




平成31年3月11日 因幡の白兎

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

因幡の白兎

〈イナバノシロウサギ〉 よく寝る大学生です。 乃木坂46から自衛隊まで、幅広~く好きなことを書きます。Twitter→ https://twitter.com/incident211?s=09

学び・考えゴト

学んだことや考えたことについて書いた記事をまとめています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。