見出し画像

明けない夜はない

明けない夜はない。やまない嵐はない。
敗者が敗者であり続けることはない。

たとえ、敗者に見えても、本当は敗者ではなかった。
そのことに気づいたとき、敗者は突然、
挑戦者に変わる。

倒れて、うずくまって、まったく
動けなくなっても、生きる価値はある。
そう信じて、あと1日だけ
長く生きることで、見える景色か変わる。
これが人生である。

自分に、そして人生に絶望した瞬間から、
新しい自分、新しい人生がはじまる。
そういうことなんだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです‼️感謝します✨
2

小田島裕一「オダジ」

札幌にて15年間中学校教師として勤務。青年海外協力隊参加を機に退職、ウガンダ共和国にて2年間、青少年に野球指導を行う。指導したウガンダ高校生は、2008年に札幌ドームでの親善試合に招聘された。著書に「日本人という生き方」が ある。㈱インディヴィジュアル 代表取締役
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。