見出し画像

今を徹底的に味わう

今を生きるとは、
今しか体験できないコトを
味わうということである。

今ある状況が不満足だったり、
不本意だからといって、
未来や過去に思いを
馳せているうちは、今を生きていない。

たとえ目も当てられない今だとしても、
今しか学べない、気づけないことを
味わうことなんだ。

それを味わうことを忘れて、
未来に思いを馳せても、
夜明けは決して来ないし、
今に目を背けているうちは、
本当の自分を知ることはできない。
そんなふうに感じるんだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます✨うれしいです😁
4
札幌にて15年間中学校教師として勤務。青年海外協力隊参加を機に退職、ウガンダ共和国にて2年間、青少年に野球指導を行う。指導したウガンダ高校生は、2008年に札幌ドームでの親善試合に招聘された。著書に「日本人という生き方」が ある。㈱インディヴィジュアル 代表取締役
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。