稲田ズイキのまとめ

僧侶。1992年京都のお寺生まれで現・副住職(家出中)。同志社大学を卒業、同大学院法学研究科を中退、その後デジタルエージェンシー企業インフォバーンに入社。2018年に独立し、寺に定住せず煩悩タップリな企画をやる「煩悩クリエイター」として活動中。コラム連載など、文筆業のかたわら、お寺ミュージカル映画祭「テ・ラ・ランド」や失恋浄化バー「失恋供養」、煩悩浄化トークイベント「煩悩ナイト」などリアルイベントを企画しています。フリースタイルな僧侶たちWeb編集長。

【連載中】

「僧侶だけど煩悩まみれ」/Zing!

罰当たりなほどにユルくてポップな仏教トーク/集英社「よみタイ」

僧侶、家出する。/幻冬舎plus

(過去連載)「開かずの段ボールを供養する」/mooom

(過去連載)「童貞僧侶が悩みを解決!煩悩寺の変」/猥談タウン回覧板

【メディア/インタビュー】

20172/1 浄土宗新聞
20174/19 京都新聞
2017/11/1 浄土宗新聞
2017/11/1 テレビ東京
2017/11/15 AbemaTV「Abema Prime」
2017/12/29 TBSテレビ「Nスタ」
2018/1/28 京都新聞
2018/7/16 寺社Now
2018/12/1 地域寺院
2019/1/31 Meets 369号

webで読める記事
▶︎寺院にはインフルエンサーが必要?発信する僧侶“寺院フルエンサー”とは
(フリーランスになりたての頃)

▶︎東京グラフィティ「ネオ東京人」
(五劫思惟阿弥陀如来をまねて、アフロにしてた頃)

▶︎バズるコンテンツは「煩悩」から生まれる。僧侶ライターに聞く、PVが伸びる記事作りの極意
(実家の寺の近くで母に撮影してもらいました)

▶︎「将来競合するのは、アイドルやギャル」 若き僧侶・稲田ズイキが苦悩するお坊さんの存在意義
(一番悩んでいた頃)

▶︎煩悩まみれだから伝えられることがある、僧侶ライター・稲田ズイキができる

▶︎インタビュー連載「現代の仏教者に聞く」第4回:稲田瑞規(前編)

【できること】企画系ライティング・編集・イベント企画・僧侶

【お仕事依頼先】
お仕事の依頼はここまでください。
imizuki0323【@】gmail.com

----------------------------------------------------------------

【頑張って書いたものリスト】

◾️【興奮注意】女体の代わりに野菜でグラビアを撮ったら凄いことになった
https://mooom.chintai.mynavi.jp/koneta/vegetablesgravure
公開1週間で68万PV、トータルRT数5万超、Twitterのトレンドにも乗りました。


◾️ルギアをオカズに抜き続けて人間の道を踏み外しかけたが、友達のおかげで助かった話
公開3日で15万PV、トータルRT数13000。ど下ネタだが、切実な思いが通じたのだろうか、たくさんの人にシェアしていただいた。

◾️ブッダの教えを学んだ人工知能が誕生したとき仏教の未来はどうなるか?http://higan.net/column/2016/11/ai-buddhism/
仏教webマガジン「彼岸寺」にて、仏典をAIに読み込ませると何が起こるのかを想像して執筆。Facebookで2000いいね、はてブ480、はてブホットエントリー入り、サーバーを落とした。
(反響がおもしろかったので、togetterでまとめたところ、これもたくさんの方にシェアいただけた。https://togetter.com/li/1049888


◾️僧侶のラップバトルに檀家が沸く? お寺ミュージカル映画祭『テ・ラ・ランド』開催
http://higan.net/now/2017/09/telaland/
地元の寺で企画したイベントのリリース記事。地元と檀家と家族を巻き込んで、お寺で"寺主制作"のミュージカル映画を撮影した。
これが「ねとらぼ」にまとめられ、拡散された。1896RT、768いいね。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1709/25/news119.html

予告編ができて、またもや、ねとらぼさんに記事にしてもらった。

バズったおかげで、テレ東とAbemaTVとTBSテレビに取材してもらった。


◾️「住職として町とともに生きていく」京都・久御山町のお寺の後継ぎが町を愛するまでの話

リクルートのオウンドメディア「SUUMOタウン」にて地元のことについてエッセイを書きました。


◾️BUMP OF CHICKENはもはやブッダだ「僧侶だけど煩悩まみれ」第3回
BUMP OF CHICKENの藤原基央さんを野生のブッダとして、その世界観を仏教的に分析した記事。

BUMPファンの皆さんにすごく好評だった。

第二弾として、文春オンラインでも書いたよ。

BUMP OF CHICKENは「野生のブッダ」? 『天体観測』には仏教のすべてがあった

◾️VRのAVで一時停止すると、超リアルな「時間停止モノ」を体感できる件についてhttp://andymizuki.hatenablog.com/entry/jikanteishi

変態紳士ヨッピー氏にRTされたりした。

◾️「無人島に何か一つだけ持っていくとしたら?」天才「MEGUMI」
http://andymizuki.hatenablog.com/entry/megumi
「くだらないけど、面白い」はいちばん嬉しい褒め言葉。

「アイドルがオタクを追悼した日」の感動をドルオタ人生にかけて伝えたい
http://www.doncry.net/entry/arisaka
孤独死したファンを追悼したアイドルの現場に取材した記事。多くのアイドルファンから「泣いた」ってコメントをもらいました。


◾️「夢を諦め切れなかった。」元制作進行の総作画監督、小松真梨子氏インタビュー
http://www.doncry.net/entry/2017/09/02/220000
ナナマルサンバツやうたプリなどで作画監督を務めるアニメーターの小松真梨子さんにインタビューし、執筆。アニメ業界の方々の共感を得て、FB・Twitter合わせて500シェアほどの拡散。真面目に書いたから嬉しい。

◾️もし、シンジの隣にいたのがミサトではなくカミナだったら? #もしもから考える碇シンジ救済計画

オタクカルチャーメディア「DON'CRY」にて執筆。グレンラガンとエヴァンゲリオンを組み合わせて執筆した。


■「力が欲しい。もっと発信するために」現代に生きる畳職人の処世術

CAMPFIREのオウンドメディア「BAMP」にて、インタビュー記事。

きっかけは母の死。「福祉の自分ごと化」に挑むハードコアを愛する男

CAMPFIREのオウンドメディア「BAMP」にて、インタビュー記事。

◾️ネットのお墓はアリ?ナシ? お坊さんが仏教の教えに照らして考えてみた

So-netのオウンドメディア「PreBell」にて、ネットの墓について執筆した。



卍 仕事のご相談や坊主と話したいアレコレなど、何でもご連絡ください 卍
メール:imizuki0323@gmail.com
Twitter:andymizuki Facebook:稲田瑞規

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

This is (not) お布施.

うほおおおおお南無うううううう
5

稲田ズイキ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。