見出し画像

【年末特別号】どんなnoteが読まれた?2016年を飾るnote10選をご紹介!

いつもnoteをご利用いただき、ありがとうございます。
2016年も残すところあとわずか。振り返ると、今年もみなさんにたくさんの作品を投稿していただきました。マンガやイラスト、小説、エッセイ、写真、音楽…本当にありがとうございました!
中には見逃してしまった「傑作」がちらほらあるかもしれません。それはもったいない!というわけで、2016年によく読まれたnote10選をご紹介します!


その1『PUFFYの亜美ちゃんに、こち亀を渡す話』神保賢志さん

古本屋で買った『こち亀』に、作者・秋本先生からPUFFYの亜美ちゃんへ宛てたサインが書いてあった! きっとなにかの間違いだと思った僕は、亜美ちゃんに届けるためにPUFFYのサイン会へと向かった。


その2『意識高い桃太郎』柳内 啓司(やなぎー)さん

あるあるの共感が止まらない!? 読み進めていくとあなたは気づくことでしょう、横文字が妙に多いということに…。


その3『熊本出身者がどうしても伝えたいこと』ハシモトテツジさん

熊本で地震が起こった際に、たくさんの方にシェアされたこちらのノート。混乱の中、熊本出身者がどうしても伝えたかったことは何だったのでしょうか?


その4『【1】アラ子バイト漫画(18P)』とあるアラ子さん

高校卒業してすぐに勤めた会社でセクハラにあった。負けるもんかと立ち向かったアラ子さんの運命や、いかに! 全5回でボリューム満点にも関わらず、思わず一気読みしてしまう展開です。


その5『メルカリは本当に「世界を取る(かも)」と思った件』決算が読めるようになるノートさん

フリマアプリ・メルカリは、「業界人」が全く理解できない世界のサービスにいつの間にかなっている。そのワケは…。身近なアプリの裏側を、ちょっと覗き見してみませんか?


その6『口紅を買えなかった日のこと、の続き。』のでこさん

店に飛び込んだものの、口紅を買うことができなかった。思い描いていた「大人」になるため、もう一度勇気を振り絞って…。『口紅を買えなかった日のこと』も合わせてご覧いただくと、よりお楽しみいただけますよ。


その7『芸人生活 第三十一話 「母」』チャーミング井上二郎さん

ピン芸人日本一を決めるR1グランプリ2016で優勝したハリウッドザコシショウさん。優勝の裏には、背中を押し続けてくれた今は亡き母親の姿がありました。芸人さんにとって泣ける話はおいしくないかもしれませんが、すいません、紹介させてください。


その8『誰も書いてくれる人がいないので、「赤ちゃんのいる老人介護デイサービスのすごいところ」を書いてみます。』ワタナベ・J・フォックスさん

スタッフが赤ちゃんを連れて一緒に働ける、老人介護デイサービスがあること、ご存知でした? ワタナベさん曰く、三世代が支えあう空間はまるで仕事場ではなく「暮らし」のよう。そのすごいところはというと…


その9『田舎育ちの脱サラ彼氏(25)と東京育ちのタレント彼女(19)の話』大関れいかさん

Vineで大人気のカップル・大関れいかさんとほくぴーさんが、出会いから今に至るまでの全てを赤裸々に告白! それぞれの視点で、これまでの軌跡を振り返ります。※こちらは有料となります。


その10『会社を売却すると、創業者の身に何が起こるか』決算が読めるようになるノートさん

M&Aは終わりじゃなくて始まり…そう、まるで結婚生活。クックパッドへの売却経験をもつ起業家が語る、会社を売却した後に創業者の身に起こることとは?ボリューム満点なこちらの対談、「なるほど!」が止まりませんよ。

いかがでしたか? 2016年を飾るnote10選、以上となります。
今年もnoteをご利用いただきありがとうございました! 2017年もみなさまによりご利用いただきやすいサービスを目指していきますので、引き続きよろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます😊
68

note公式

ミッションは、「誰もが創作をはじめ、続けられるようにする」こと。noteの最新情報や機能カイゼンを紹介していきます。 noteにまつわるヒトの紹介 : https://note.mu/notemag || noteのイベント情報 : https://note.mu/events

今週のおすすめ記事

note編集部がおすすめする記事を集めました! 不定期に更新いたします!