見出し画像

「進撃の巨人」10周年を記念して、お題企画「#進撃の巨人10周年」を開催します!

今年10周年を迎える『進撃の巨人』についての投稿を募集する、お題企画「 #進撃の巨人10周年 」を開催します!本企画は、講談社、マンガサービス「アル」の共同企画です。

『進撃の巨人』といえば、いわずとしれた大ヒットマンガです。そんな進撃の巨人は、2019年で10周年を迎えます。10年前に『進撃の巨人』がブレイクしたきっかけもブログでした。

そこで、今回ハッシュタグ「#進撃の巨人10周年」をつけて、『進撃の巨人』に関するnoteを募集いたします。

たとえば、

- 進撃の巨人をはじめて読んだ時の思い出
- こんなキャラが好きだ / こんなシーンが好きだ
- 進撃の巨人の考察記事(ラストはこうなる、世界の謎について)
- 作者の諫山先生への愛

などなど、作品に関するものであれば、なんでもOKです。テキストやイラストなどあなたらしい表現で、作品への愛に溢れた投稿をお待ちしています!(2次創作作品の投稿はご遠慮いただければ幸いです。)

作品をまだご覧になっていないという方は、9月9日〜18日に無料キャンペーンでもお読みいただけます。

そして!『進撃の巨人』担当編集の川窪慎太郎さんと、アル株式会社のけんすうさんこと古川健介さんが選考し、すてきな投稿作品には、

・諫山先生のサイン入りのコミック(1巻)1名さま
・『進撃の巨人』オリジナルQUOカード 5名さま

を贈呈いたします。

▲オリジナルQUOカード

また、noteには、「アル」に投稿されている、進撃の巨人のコマを貼り付けることができます。

かつてマンガで、これほどの恐怖と絶望を味わったことがない。

進撃の巨人の好きなコマなどを貼り付けながら記事執筆をしていただければと思います。

進撃の巨人のコマはこちらから

コマの投稿方法、および、コマの貼り付け方法については、以下をご覧ください。

担当編集の川窪さんからのコメント

進撃の巨人は、別冊少年マガジンで、2009年10月号から連載されました。10周年続けられて、こんなに多くの人に読んでもらえて本当に嬉しいです。

この作品は、諫山先生もおっしゃっているように、自分たちだけでなく、みんなで作り上げた作品だと考えています。今回、10周年記念で無料で進撃の巨人を限定公開しておりますが、みなさんの愛を持った進撃の巨人についての記事読みたいです。(担当編集・川窪慎太郎

noteのクリエイターのみなさまが、どのように進撃の巨人を楽しんでもらっているのか、ぜひ教えてください!みなさまの投稿、お待ちしています!

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキへのリアクションメッセージは、アカウント設定で追加できます👆
224

note公式

ミッションは、「誰もが創作をはじめ、続けられるようにする」こと。noteの最新情報や機能カイゼンを紹介していきます。 noteにまつわるヒトの紹介 : https://note.mu/notemag || noteのイベント情報 : https://note.mu/events

キミもnoteを使おう!

『note(ノート)』は文章・つぶやき・画像・動画・音声を無料または有料で投稿したり、投稿者に支援金(おひねり)を贈ったりできる、マネタイズ機能を装備したクリエイター応援型メディア。創作発表の主舞台や業務依頼のプラットフォームなど、その活用法は無限大。仕事仲間はもちろん、お...
1つ のマガジンに含まれています