第2回コルク×noteマンガコンテストを開催します!

多数の有名クリエイターのエージェント業を行うコルクと、noteを使ったマンガ投稿コンテストを開始いたします。

募集期間は、本日11月22日(火)から2017年1月31日(火)です。その後、厳正な審査を経て、入選されたクリエイターは、コルクとピースオブケイクによる作品作りのサポートや、noteの姉妹サービスcakesでの連載、その他商業媒体での連載のためのサポートを得られます。

■応募要項
募集期間:2016年11月22日(火)〜2017年1月31日(火)
審査員:佐渡島庸平、柿内芳文ほかコルクの全編集者、cakes編集部
募集作品:あなたが考える「王道マンガ」を、1話完結で描いてください。
応募資格:1985年生まれ以降の方
応募方法:noteのイメージで、ハッシュタグ「#コルクコンテスト」をつけて投稿してください。
※ツイッターのアカウントをお持ちの方は必ずアカウント名を明記してください。

くわしくはこちらをご覧ください。
http://cork.note.mu/

審査員・柿内芳文からのメッセージはこちら。
https://cakes.mu/posts/14584

■コルク・佐渡島庸平プロフィール
2002年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部に所属。『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『モダンタイムス』(伊坂幸太郎)、『16歳の教科書』などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、クリエイターのエージェント会社、コルクを設立。現在、漫画作品では『オチビサン』『鼻下長紳士回顧録』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『テンプリズム』(曽田正人)、『インベスターZ』(三田紀房)、『ダムの日』(羽賀翔一)、小説作品では『マチネの終わりに』(平野啓一郎)の編集に携わっている。

■コルク・柿内芳文プロフィール
2002年光文社に入社し、光文社新書編集部で『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』(山田真哉)などを編集。2010年星海社に移り「星海社新書」レーベルを立ち上げ、『武器としての決断思考』(瀧本哲史)などを編集。フリーランスとして『ゼロ』(堀江貴文)『嫌われる勇気』(岸見一郎、古賀史健共著)を編集したのち、2013年12月にコルクに入社。現在は『インベスターZ』を連載中の漫画家 三田紀房の担当。

テンプリズム©Masahito Soda/Kanaka Mizuki ドラゴン桜©Norifusa Mita/Cork 鼻下長紳士回顧録©Moyoco Anno/Cork ケシゴムライフ©Shoichi Haga/Cork マコとマコト©Shinya Kinoshita/Cork 宇宙兄弟©Chuya Koyama/Kodansha

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキへのリアクションメッセージは、アカウント設定で追加できます👆
78

note公式