見出し画像

【noteカイゼン】公開中の記事を、下書きに戻せるようになりました

・公開中の無料の記事を、下書きに戻せる機能を追加

本日1月24日より、公開中の無料の記事を下書き状態に戻すことが出来るようになりました。

今までは誤って記事を公開してしまった時や、一時的に取り下げたい時には、記事を削除するしか方法がありませんでした。

この仕様についてはご要望をいただくことも多く、我々としても早く着手したいと思っていた機能で、このたび、リリースすることができました。


公開中の記事を下書きに戻す方法

この機能を使える場所をいくつか設けましたので、ご参照くださいませ。


・記事ページ
タイトルの右側にある … をクリック。
「下書きに戻す」をクリック。


・「ノートを一覧で管理」ページ
ログインした状態で、右上の顔アイコンをクリック。
「ノートを一覧で管理」から対象の記事の右側にある…をクリック。
下書きに戻すをクリック。


・ユーザートップページ
対象の記事の下側、♡の並びにある … をクリック。
下書きに戻すをクリック。


※ご注意
現状、下書きに戻す機能は無料記事のみ使えます。
有料ノート、または有料マガジン・定期購読マガジンに含まれたノートは下書きに戻せません。

有料、無料にかかわらず下書きに戻す機能をリリースすることを検討しておりましたが、考慮すべき点が多く、リリースが伸びてしまう可能性がありました。
一刻も早くみなさんに本機能をお使いいただけるように、無料の記事のみ先行してリリースさせていただきました。

なお、公開時についていたスキやコメントについては、下書きに戻しても維持され、記事のURLも変わりません。


私たちはクリエイターのみなさまからのご意見・ご要望を受けてサービス改善を進めています。引き続き、クリエイターの方々が創作活動しやすい環境作りを進めていきますので、ぜひみなさまのご意見やお問い合わせをお聞かせくださいませ。

お問い合わせ カイゼン・ご要望

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

noteへのご意見・ご要望は、フッターのカイゼン目安箱へ👇
567

note公式

ミッションは、「誰もが創作をはじめ、続けられるようにする」こと。noteの最新情報や機能カイゼンを紹介していきます。 noteにまつわるヒトの紹介 : https://note.mu/notemag || noteのイベント情報 : https://note.mu/events

noteからのお知らせ

note公式からのニュースやお知らせをまとめたマガジンです。
14つ のマガジンに含まれています