イノベーションドーナツ

「やさしい循環」を社会へ 誰かにやさしくしてもらうと、また別の誰かにやさしさを届けたくなる。無理なく「やさしさ」が広がっていくストレスフリーな流れっていいなと思いつつ活動しています。いまみつめている先にいるのは、親と暮らせない子どもたち。私なりに出来ることを模索する日々です。

レポ|公開トークセッション「みんなで語ろう!キッズデザイン ~2025年、キッズデザインのある街で~」を視聴してきました

グランフロント大阪で昨日開催された、公開トークセッションを見てきました

平たい感想で恐縮ですが、ものすごくおもしろかったです。

というか、お恥ずかしながら、「キッズデザイン賞」って知らなかったんですよね…。

単にプロダクトだけじゃなくて、イベントや支援活動などの目に見えないソフトのデザイン(企画)も評価しているとか

特に印象的だったのが、上記リンク先にもゲストの村田智明氏のお話。
いろいろ

もっとみる

イベントレポ「GETTOKNOWEACHOTHER」社会的養護の当事者の声から知る、考える|に参加してきました!

1月13日(日)、先日の記事でもご紹介していた、
「GETTOKNOWEACHOTHER」社会的養護の当事者の声から知る、考える
というイベントに、一視聴者として参加してきました。

結論、参加して本当に、いや本当に良かったです。
なぜか?それは会場で当事者といわれる彼らの声はもちろん、いろんな立場の、いろんな声が聞けたから。そしてその声がどれも前向きだったから。

今回トークショーで話してくれた

もっとみる

講演から4ヶ月めの備忘録

明けましておめでとうございます

新年のご挨拶も兼ねて、
講演会「児童養護施設で育った子どもの未来を、他人事にしないため、まずは100人に伝えたい」から
4ヶ月めのご報告です

講演が終わってこの4ヶ月は、
イノベーションドーナツの活動を改めて考えなおした4ヶ月でした。

※いろいろ考えた履歴はこちら
・「無理のない支援」に挑んで2ヶ月経ったいま、思うこと。
・講演から3カ月めの、備忘録

だけど

もっとみる

日本子ども虐待防止学会 岡山大会に参加してきました

イノベーションドーナツの講演会で登壇くださった
伊藤嘉余子先生がFacebookでお知らせくださった、
「日本子ども虐待防止学会 岡山大会」に参加してきました

一番の目的は、

「福祉×教育×デザイン 社会的養護の子どもの自己肯定感を育む『デザイン国語レッスン』という挑戦」という、
伊藤先生企画の講演を拝聴しに。

シンポジストは
NPO法人子供デザイン教室  代表理事の和田様・井上様
大阪府立

もっとみる

講演から3カ月めの、備忘録

前回の記事、「無理のない支援」に挑んで2ヶ月経ったいま、思うこと。を書いたのは、講演終了から2ヶ月め。
3カ月が過ぎたいまを備忘録がてら、記します。

●里親企業に手を上げてくださる企業様が、すこしずつ現れました

先日、メリーミーズのスタッフ様から嬉しいご報告をいただきました。8月の講演を聴いていただいたNPO法人様が「当社はアットホームな企業文化なので、家族的関わりをしてくれる人がスタッフに多

もっとみる

「無理のない支援」に挑んで2ヶ月経ったいま、思うこと。

今からちょうど2ヶ月前、「児童養護施設で育った子どもの未来を、他人事にしないため、まずは100人に伝えたい」講演会   というイベントを行ないました。
※たくさんの方に足をお運びいただきました(イベントレポートはこちら)

あれから2ヶ月。

「無理のない支援」がしたくて一歩を踏み出した私は、あのイベントを通じていったい何を得たのか、何を感じたのか、あらためて、振り返ってみました。

ーーーーーー

もっとみる