2)ウインドウズPCの標準のソフトで描くイラスト(その2基礎編全体の流れ)

基礎編として昔のアニメで使われていたセル画的なものをPCで作成するイメージで流れを説明します。手順は以下の通り。

1 手描きの線画を用意する
※描く際の注意事項→後工程で早く塗りつぶしたいならば、線が途切れずちゃんとつながるように仕上げる。
黒のはっきりしたペン等を使う。

2 線画をスキャン→画像データをPCに取り込み
※理想的にはフラットベッドのスキャナーだが、スマホで十分
※スマホで撮影したデータをPCに取り込む方法は各々好きな方法で

3 白黒2階調化=彩色前のセル画を作るように
※画像をビットマップ形式で保存
※フリーソフト「JTrim」で2諧調化(白と黒の二色化)

4 「ペイント」での彩色
※色の選択、調整
※線のリタッチ
※塗りつぶし

5 画像のサイズ調整、ファイルサイズが大き過ぎない保存形式で

次回から実技に入ります(笑)

まずは単体のセル画的な表現を…背景やらなんやらといったことは応用編として後ほど。

ヒグえもんの落書き的インスタ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

樋口 明広

ウインドウズPCの標準のソフトで描くイラスト

イラストレーターやフォトショップなどのグラフィック専用ソフトではなく、ウインドウズPCの標準のソフトでイラストを描いてみる
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。