みんな「転生」したがり過ぎじゃない?

最初、「転生したらスライムだった件」というアニメのタイトルをなにかで見たときは、ふーん、なるほどねって感じだったんですよ。

そこから「転生したら島耕作だった」っていうスピンオフの話を聞いたり、とある小説投稿サイトを覗いたら、「異世界転生もの」っていうジャンルができあがっている、どころかもう、そればっかりだったりして、ほほぅ、と思ってたわけです。

そしたら最近、ついに、ですね、いつも利用する恵比寿駅の壁にどどーんと大きなポスターが貼られてて。

そこには「無職転生」っていう、新作アニメのタイトルが書かれていて。無職ですよ。転生ですよ。

コピーもかっこよくて、「異世界行ったら本気出す。」とか「あこがれの人生やり直しファンタジー」とか。

おお・・・。きてるな、これは、と。

そんなにみんな、転生したいの? とびっくりしたわけです。そんなにみんな、現世が辛いの?、病んでるの? と。

頼まれてもないのに、勝手に心配になってしまったわけです笑

そんなに詳しくはないんですが、昔は「うる星やつら」とか、平凡な男性主人公の前に女の子が突然現れる、っていうお話は多くて、それが「ご都合主義」とか「今の男は受け身すぎる」とか、白い目で見られたり。

そのいっぽうで、受け身で運命が変わるのを待つとか、「ある日突然、この人のおかげで人生が変わる」とか、そういう妄想って、女子の世界で根強いものだったよなあ、とも。

白馬の王子様幻想とか、シンデレラ幻想とか。それって、女性の生き方が限定されていた大昔の話のような、いやだからこそ、現代でも根深いというか。

まあ、ファンタジーの設定に、いちいち目くじら立ててもしかたないんですけど、そこには時代の空気があるはずで。そういうの考えるの好きなんです。

「ロード・オブ・ザ・リング」や「ハリー・ポッター」が大ヒットしたときには、「暗い世相のときは人々は現実逃避したいからファンタジーが流行る」などと、出版界隈では言われたものです。

というわけで、そのへんをあれこれと考察してみた記事を、ヤフーニュース個人に書いたので、よろしければ。

つい、手癖で、マーケティング的なオチをつけてしまったのですが、もう少し分析できる深いテーマなのでは、とも直感しているのですが、どうでしょうね?

アニメ界の「転生ブーム」は、年齢の壁・ジェンダーの垣根を越えるか。
https://news.yahoo.co.jp/byline/iotatatsunari/20190326-00119690/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

五百田達成

コメント1件

現世で救われない環境にいた人が急死したり、トラックに轢かれたりして異世界に転生したり、更にもう一度転生したりインフレ気味ですが、内容も他より更にというようにハーレムの加減も酷いものです
ラノベやマンガのうちはファンしか見ないから良いのですがアニメ化すると、性差別だの作者の性癖叩きになっているようで、転生物の原産地のweb小説は急激におかしくなっていますよ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。