感想いろいろ【2017年11月】

三谷幸喜「子供の事情」。吉田羊がかわいかった。天海祐希の存在感は異常。

「聖の青春」。マンガ「聖 -天才・羽生が恐れた男」と合わせて。すっかり将棋プロ界に詳しくなった。「3月のライオン」アニメとともに。

「ザ・コンサルタント」。痛快ストーリーすぎないところがヒットしなさそうだけどいい。会計士として老夫婦助けるところ、自分のすねをバットで殴るところ、会議室中に数字書いていくところ(ホワイトボードマーカーばんばん消費する)など、記憶に残るシーンが不思議と多い。

「トゥー・ラビッツ」。ガイ・リッチーとかタランティーノとかのブラジル版。

「ストレイト・アウタ・コンプトン」。最近、実話(じゃないんだろうけど)に惹かれる。「エイミー」のときもそうだけど、音楽界はのぞき見したい。ドラッグと性と売れる・売れない、と。

「NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム」。なんか設定にムリがあると思うとはまれない。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

五百田達成

感想まとめ

観た映画を備忘録として書いていた時期があります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。