スクリーンショット_2019-03-25_13

当時マイナビ最年少部長だった僕が起業した理由と今アルバイト市場に乗り出す訳

はじめまして、DiG株式会社代表取締役守岡と申します。最近採用に少しでも有利になればとTwitterを始めました。(厳密に言うと2011年からのアカウントで過去ツイ全部消してリスタートしています。)

まずは弊社が何をしている会社かを少しご紹介させていただきます。

業種は人材サービス会社です。2016年2月に設立しました。ベンチャーで人材というとHRtecとイメージしやすいかと思いますが、まさに今後その領域に進もうとしている最中です。
2016年から今まで構想はあったものの会社の地盤を固めるべく私がマイナビで培った延長の新卒採用支援事業を展開してきました。

現在社員数は15人、取扱売上高は2.5億円のまだまだ小さな会社です。唯一の自慢は、離職率が0人という事くらいでしょうか。4月には新卒も入り20人になります。

前職のマイナビで新卒採用支援をクライアント向けに7年半従事し当時最年少営業部長を務めた後起業した理由はシンプルに2点です。

・日本に新しい価値を創りたかった。

・経営というものを通じて人間的に成長させたかった。


新卒採用支援をしていた当時の私は営業しか知らない世間知らずだったなと今振り返るとそう思います。クライアントにベンチャー企業が多く同年代社長が増えてきて、話が解らず焦りを感じたことが本当の起業に到った理由かもしれません。

企業理念コーポレートミッションは、

新しい価値基準を創造し、全ての人の適材適所を実現させる

こちらは設立当初につくったもので一度も変更しようと思ったことはありません。
新しい価値をまだ成し遂げられていないことに焦りを感じていました。

アルバイト市場に乗り出した訳
コーポレートミッションにもある、«新しい価値基準を創造する»という部分の体現が、現在自社メディアでアルバイト求人メディアcrumiがそれに当たります。その話をこれから記述していきます。


詳細はこちらの記事にまとめていただけているので参考にしていただければ思います。
https://earthkeylab.com/japan/crumi/

弊社がアルバイト採用市場に乗り出した理由はアルバイト採用にはまだまだ求職者、採用側双方に無駄な時間がたくさんありもっと効率よくできるのではないかと感じスタートさせました。

crumiを運営する上で従来の求人メディアにおいて上記の無駄な工数があることがわかりました。

アルバイト採用において応募から面接の離脱が非常に多く、また現在のスマホネイティブ世代になかなか電話は繋がらない。忙しい店長は現場と採用を掛け持ちしていて応募者対応に割ける時間がない。これをチャットボットで解決しようというのがcrumiの狙いです。

crumiの開発から1年、チャットボットを開発してきましたがcrumiがおしゃれ店舗に特化した求人メディアなので市場が限られてくることから、このチャットボットのみを切り離し販売していく戦略に舵を切っていくことにしました。

①アルバイト採用において工数がかかり過ぎている

②ターゲットが若くておしゃれな女の子を採用したい。

こちらに当てはまる店舗の方は以下よりお気軽にお問い合わせ下さい。

2016年設立から3年経ちようやく「新しい価値基準の創造」に挑戦できています。

また、弊社では引き続き採用を強化してまいります。興味がございましたらWantedlyに記載していますので一度お会いしましょう。

最後までご一読いただき、ありがとうございました!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

25

守岡一平

DiGinc 代表取締役/HR×エンタメ×IT/瀬良明正/智弁和歌山→㍾univ.→horipro⭐︎→mynavi〰︎./golf /運営:crumi kichonavi キチョハナカンシャ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。