見出し画像

僕がたどりついた、WEBサービスのつくりかた

これまでに個人開発で20個以上サービスをつくってきました。最近ではMENTAというサービスをつくってます。

そんな僕ですが、割と「どういう流れでつくってますか?」と聞かれることが増えてきたので、まとめてみました。

①アイデアが浮かぶ

日々浮かんだアイデアはevernoteにメモしてる。数日経ってもやりたいものだけ1軍に昇格。

②箇条書き

何ができるサービスか、誰の問題を解決するものか書き出す。数日考えてもやりたいと思えたら、要点を書き出して整理。誰が使うのかを考える。

③Twitterで案を公開する

基本的には文章で投稿して反応を見るけど、内容によってはイメージがないとわかりにくいものもあるので、そういう時は手書きで書いて見たり、プロトタイプをつくってみる。2回くらい違う角度で投稿してみて反応が鈍ければ2軍に落として再考する。

自分のフォロワーと属性が違いすぎるジャンルの場合は、使ってくれそうな人を探してDMなどで意見を聞いてみる。

④反応がよければ画面イメージをつくる

反応がよければスタート。画面イメージをsketchでつくる。最初は可能な限りサイズを小さく1-2ヶ月以内にだせるもので考える。

すべてアップデートを前提に。小さくはじめてリスクを小さく。反応をみながら拡張させてくスタイル。

開発しながら途中経過をみせて、事前にユーザーを獲得しておく。メールアドレスで登録してもらうなど。ターゲットに近いユーザーには個別にDMも。

⑤開発する

サーバーとドメインを借りてスタート。クラウドサーバをひとつ借りて、その中にどんどん追加していく。サービスが伸びたら、台数を増やせばいいだけ。ドメインは安いし、SSLも1,000円台。ソースコードはgithubで管理。

⑥リリースする

いよいよリリース。フィードバックを受けつけて、まず、どんな使われ方をするかウォッチ。無駄な機能をつくることに時間を奪われないように。

こんな感じで、どんどんサービスをつくっています。アイデアニーズを先にさぐり、オープン前にユーザーを集め、すばやくリリースしていくサイクル。リスクは低く、リターンは大きく。

...ということで、サービス開発に興味がある人は入江開発室へ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

気に入っていただけたら、シェアしていただけるとうれしいです。

スキをくれる、そんなあなたが大スキです!
26

入江 慎吾

受託開発で年3,000万を達成。次は自分のサービスだけで生きていくために挑戦中。個人が好きなことで生きていける世界をつくりたい / これまでにMENTAなど20個以上のプロダクトを開発 / 個人開発コミュニティ「入江開発室https://bit.ly/2NyFnJmm 」を運営

入江開発室メンバーマガジン

入江開発室のメンバーのnote一覧です https://camp-fire.jp/projects/view/74574
2つ のマガジンに含まれています

コメント1件

>数日経ってもやりたいものだけ1軍に昇格。

すごく共感しました。
すぐにやりたくなくなるアイディアは実はそんなに困ってないことが多いと開発しながら考えています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。