14年間のデザイナー人生を丸ごと振り返る

デザイナーのばっこ(@is178)です。

noteで #自己紹介 という企画が開催され、自分の「プロフィール」に記事を登録できるようになっていたので、自己紹介がてらに自分のデザイナー人生を振り返ってみました。

めちゃくちゃ長いので、暇で暇で死にそうな人以外は、灰色の部分を読み飛ばしてもらえると良いかと思います。

高校・専門学生(2004〜2011年頃)

ツールを使って“デザイン”をし始めたのは、高校入学あたりからでした。ゲームが好きで、いわゆる「攻略サイト」を見ていたことがきっかけで、web制作の存在を知り、その後の進路が決まりました。

持て余した時間とやる気をスキルアップに根こそぎ投資して、その分のリターンを十分に得られた7年間でしたが、視座は低いままだったので、それを上手いこと次に繋げられませんでした。

やったこと
- 「Windowsメモ帳・Windowsペイント・FFFTP」3種の神器を駆使して、人生初のwebサイトをgeocitiesで公開した(ゲームの攻略サイト)。
- その後も1,2年ほどサイト運営をして、場づくり・コーディング・グラフィックデザイン(Adobeツール)・CMS・SEOなどを学んだ。
- 専門学校在学中からweb制作会社でアルバイトを始め、デザイン・コーディングの実践、MovableType・WordPress・PHP・SQLなどを学んだ。
- 新卒切符の就活は一社だけ応募してみたが、サイレントお祈りされ、「アルバイトで働けているしまあいいか」と思い、そのままフリーターに。
やって分かったこと
- ゲームに対する異常な愛(発売1年以上前からサイトの準備・更新。発売前だけで3,4回リニューアル)が検索エンジンに評価され、人を呼び、攻略サイトの成功に繋がった。
- 人より先んじて、好きなことを見つけ、のめり込むことができれば、同年代ではトップクラスになれる。(が、数年サボれば簡単に失墜する)
- 新卒切符を使ってどこか会社に入るべきだった。人との接点を持つべきだった。社会に揉まれて対人スキルを磨く意味でも、その後それぞれ活躍するであろう人たちと知り合っておくためにも。
- 制作スキルに全振りすると、せっかくのスキルを最大限生かす場所に行けない。制作以外のすべてに無頓着になり、その発想すらもてない。

アルバイト・個人事業主(2011〜2014年頃)

スキルだけ身につけたものの、視座が低いままだったので、どこにも就職せずフラフラしていました。

さらに、この状態で一番必要な「人との接点」を少なくしてしまったことで、学びも少なく、とことん停滞してしまった3年間でした。

同年代の中ではトップクラスに高めたと思っていたスキルも、ライバルたちが社会人となって仕事を頑張っているうちに、すっかり追い抜かれ置いてきぼりにされてしまいました。

やったこと
- ポートフォリオにちらほらと仕事依頼はきたので、web制作会社やスタートアップを転々とした。
- ひとりでRailsでwebサービスをつくってみたり、細々と勉強を続けた。
- 「成功した暁には...」という甘い文句に誘われ、新規サービスのお手伝いを月給2万5千でやっていたこともあった。
- Rettyにアルバイトで入り、フルリモートの形式で、社内唯一のデザイナー(半分はコーダー)としてフルコミットした。
- (当時は理解していなかったが)投稿数を伸ばすためのキャンペーンのバナーやLPの制作。「Rettyまとめ」というコンテンツの作成。PC&SPのフルリニューアルなどを担当した。
- 25,6才でふと思い立ち、正社員になろうと思いカヤックに応募した。
やってわかったこと
- 制作スキルに甘えて、楽な方に楽な方にと流れていったが、今思えば、自分の首を締めていた。学生時代に築いた資産を食い潰していた。
- 今すごい人も3年後もすごいとは限らない。今できない人も3年後もできないとは限らない。
- 仕事はきちんとこなしていたつもりだし、Rettyオフィスは近くなかったが、それでも週1程度は通って仕事をするべきだった。対人スキルを上げるためにも、チームの人たちときちんと「同僚」になるためにも。
- 特に理由なく一人暮らしを始めたり正社員に応募したりしたが、今考えるとどちらも正解だった。

カヤック - クライアントワーク事業部(2014〜2015年頃)

フラフラしてきたツケを払うべく、激務の中でひたすら空回りし続けた1年間でした。二度と同じ働き方はできないだろうなと思います。

対人スキルをマイナスレベルから0へ、制作スキルもそこそこ引き上げてもらえました。今後も仲良くしたいと思える人たちと出会えたことも大きいです。

やったこと
- それまで実装とデザインを同じくらいやってきたが、分業だったためデザイナーを選んだ。
- それまで社会との接点を最小にして生きてきたので、対人スキルが皆無で、半年くらいは誰とも仲良くなれず、黙々と仕事をしてた。
- 色んなデザイナーの下について、ひたすらLPを作成。とにかく激務で空回りし続けた。段取りもわからず、質も出せず、締め切りにも間に合わず。
- 後半は多少勝手がわかってきて、もう一歩のところまできていたように思う。優秀なプランナーと組めたおかげで、Yahooクリエイティブアワードも棚ぼた受賞した。
- 社内的な事情もあり異動。
やってわかったこと
- リモートは便利だけど勿体無い部分も大きい。ずっと同じ空間で働かないと、本当の意味では仲良くなれない。
- 色んな人がいる。無条件で優しい人もいれば、無条件で厳しい人もいるし、成果のためにガンガン突き進む人もいれば、チームの和を重視する人もいる。
- 自分は「年上の先輩に指導してもらって伸びる」みたいなことは向いてなさそう。萎縮してしまうし、対人スキルがないので、あまり年上ウケがよくない。
- 忙しすぎると、働けど働けどスキルが伸びない。振り返りの時間が大事。
- 忙し過ぎて引っ越しに失敗して家賃を2箇所に払いながら働き続けると、毎日遅くまで働いているのに貯金が減っていく不思議な体験ができる。

カヤック - Lobi事業部(2015〜2017年頃)

受託制作から自社サービスの部署に異動しました。

受託・自社と続けて経験することで、自分の得意分野を認識できたこと、チームリーダーという成長機会を与えてもらって視野が広がったこと、チームで仕事をするということを学べたことなど、収穫の大きい2年半でした。

読書する余裕も持てるようになり、視座も多少は上がったように思います。

この時の経験があるから今があると思えるので、カヤックのLobi事業部で働けて本当に良かったです。

やったこと
- 言われるがままに、施策に必要な画面のデザイン。既存のデザインリソース・UI・ユーザーの使い方を理解・想像できず、軽微な改修にも苦労する。
- 勝手がわかりはじめて、画面デザインの前に、そもそもの施策の内容が気になるようになり、施策案に口出し。
- チーム編成が代わり、施策案を考えられるポジションになったので、施策の企画・進行・デザイン。
- チームが増員され、数字目標の責任を追う立場になり、目標を達成。
- 作業者するだけのデザイナー → UIデザイナー → UXデザイナーと、順当に担当範囲を広げ、ステップアップができた。
やって分かったこと
- グラフィックデザインよりも、UI・UXデザインに適正がありそう。“そもそも”の話を考えたり、ネガティブチェックをすることが、人より苦労せずにできる。
- 土日にしっかり休めるようになり、振り返り・予習の時間を得ることができた。そうしてはじめて自分の成長を実感できるようになってきた。
- チームの協力のおかげで自分は成果を出せるし、自分のパフォーマンス次第でチーム全員のパフォーマンスを良くも悪くもできてしまう。
- 数字の責任を負う立場になると、期間が限られた中で、本当にその施策で良いのか考え抜くようになり、劇的な成長に繋がる。
- 毎日同じサービスのために働き、何らかの価値提供するためにユーザーの行動を変えるような施策を考えて実行していくからには、自分が共感できる事業をやりたい。

hitomedia(2018年〜現在)

カヤックLobi事業部を経験したことで、方向性としてはこちら側が良いと感じたものの、自分が共感できる事業を、自分が責任を負う形で、たくさん携わりたいと考え、インキュベーション事業を行うこの会社に転職しました。

入社から1年が近づき、強く思うのは、「とにかく実績。1にも2にも3にも実績。実績がひとつでもできれば世界が変わる」「そのためにはひとつでも多く打席に立つこと。それらをやりきること。」です。

やったこと(やっていること)
- ブロックチェーン関連のLP制作
- ブロックチェーン関連のサービス
- ブロックチェーン関連企業のロゴ制作
- 輸入販売の新規事業立ち上げ
- 農業体験の新規事業立ち上げお手伝い
- 自社サービスのグロース
- 学校サイト改修の受託制作
- 教育事業のLP制作
- アフィリエイトサイト制作
- 会社の取り組み(かんばん、1on1、OKR、採用、ブログ)
やってわかったこと
- 本当に好きなことだけをやるには、それだけの実力が必要。今はまだ実績が足りない。
- 新規事業立ち上げはめちゃくちゃむずい。
- 既存事業のグロースは多少勝手がわかるので進めやすい、もしかすると、こちらの方が適正があるのかも。
- 誰の許可を得ていたとしても、自分が腹落ちできずに進めていることは、どこかで必ず落とし穴がある。

これからのこと



この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️
13

ばっこ

twitterもやってます @is178

デザインは何の役に立つのか

事業成長に貢献?イノベーション?デザイン思考? 当面は、サービスデザインやUXデザインについて学ぶ。 本から学んだこと、実践して気づいたこと、使用した手法やツールについて。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。