思うこと、感じること

12
ノート

12 人間に逆らわない

中目黒の駅を降りると、横断歩道を挟んだ向かいにツタヤがある。スターバックスと提携しているようで、コーヒーも飲める。

ソイラテを頼んで、外に設けられた席に座りながら考えごとをしていた。涼しい秋の風。

待ち合わせをしている。あと1時間以上も時間がある。自然と考えごともゆっくり、しだいに深くなる。

仕事のこと。特定の仕事ではなく、人生の一部である仕事全体のこと。

仕事がしたい。自分の力を磨きつつ

もっとみる

11 スキ

noteを開いたら「合計で25スキ獲得しました」みたいな通知が来ました。スキをしてくれたみなさん、ありがとう。今日はそのありがとうを伝えるための記事を書きます。

そんな通知をもらっておいて言うのもなんですが、僕自身は正直数字に興味がないです。

ただ、ちゃんと数字のことも意識しなければいけないなとも考えてはいるんです。数字は、どれだけ自分が価値を提供できているかの指標だからね。

でも、その数字

もっとみる

10 ライブを観て幸せな気分

今はどうやっても文体が優しくなる。友達のライブを観に行って来て、とても安心する気持ちになれたから。

通ってた専門学校の友達のユニット。会うのも久しぶりだったのだけど、ひとこと言葉を交わしたらすぐ前と同じ空気に戻って安心した。まるで瞬間解凍。

でも、ライブが始まると、会ってない時間が確かにあったんだなあという気が不思議と湧いて来た。聴き覚えのない(新しい?)曲があったからかなあ。

一緒に音源制

もっとみる

09 フランス語は気持ちがいい

下北沢駅のホームで、なにか小気味良い音が聞こえると思ったらフランス語だった。

あれは、ホームから改札へ向かうエスカレーターの列に並んだ時。列に加わる二人の外国人がいた。フランス語を喋る黒人と白人。

ジュパジャポン、ジュパジャポン。カタカナだと全然伝わらない。けどこれが妙に気持ちいい。ゾロゾロ進みながら、思わず耳だけ傾けて聞いていた。

そういえば、フランス映画を何本か観て、フランス語の響きが良

もっとみる

08 「レベチ」を初めて知る

「レベチ」ってどういう意味だか知ってますか。新しい日本語です。

僕は週一で専門学校の講師をしているんですが、今日学生さんに「レベチ過ぎる」と言われて、頭にハテナが浮かびました。

聞くところによると、「レベルが違い過ぎる」の意味だそうです。学生さんが丁寧に説明をしてくれたのですが、なんだか急に年老いた気持ちになり、少し切なかったです。(笑)

前にも同じようなことがありました。その時は「うけみざ

もっとみる

07 タイムスリップ

この間友達のギタリストと飲んでいてテレビの話になった。「笑っていいとも!」が終わったのがいつかという話になって、それは2014年の3月だという。5年以上も前!

正直、1年くらいしか経っていないような感覚だったので、友達と話している瞬間、自分は未来にタイムスリップして来たのではないかという錯覚を覚えた。

もうひとつ、任天堂Wii。最近お休みにゲームをやろうと思ってWiiを買った。最新のSwitc

もっとみる

06 イライラした時に唱える言葉

昔はイライラすることなんてなかったのに、僕の体の何がどうなってしまったのか、たまにイライラしてしまうことがあります。

この心の作用を紐解く中で、昔の自分と今の自分で違うところがひとつあると気づきました。それは、自分の頭が固くなっているということ。

昔は、どちらかというと受け身な方が多くて、起こったことを「こういうもんなのかあ」と、良くも悪くも飲み込んでしまうことが多かった。

今は、自分

もっとみる

05 写ルンです

今日は妹とミュージカルを観に行く。渋谷のハチ公で待ち合わせようと言った兄の僕が遅刻している。ごめん、妹よ。

山手線の一番後ろに乗ると、ハチ公がある出口にすぐ出れる。今日も歩いて一番後ろまで来た。電車を待っていたら、背後を左から右へ駆ける誰かの足音がする。少年だった。手には写ルンですカメラを持っていた。

ホームの端の方へ行ったと思ったら、写ルンですを構えて、反対側に停まっている山手線の頭を撮ろう

もっとみる

04 目の前のことを書きたい

文章を書く勉強のために、文章術についての本を読んだりします。この間読んだ本の中で学んだことのひとつに「これだけはどうしても伝えたいということを決める」というのがありました。ためになるなあと思ってそれ以来それを意識してたのですが、最近はもうさっそく別のことを意識しています。

というより、「これだけはどうしても伝えたい」という思いがあっても、まだ僕にはそれを長い文章にするだけの(別に長い必要はないん

もっとみる

03 朝の中央線

久しぶりに朝の中央線に乗った。いつものようにぎゅうぎゅう詰め。人とドアに挟まれて、体が小さく縮こまる。

走り出した電車の窓から外を見ると、ガラスに雨粒がついている。今日は雨だなあと、今までさんざ傘をさして駅まで歩いて来たのに、初めて気づいたかのように思う。

雨のせいか、車内がいつもより静かに感じる。今朝は目覚めがあまりよくなかったのに、電車に乗ったら頭も冴えている。それにしても静かだ。みんな大

もっとみる