スクリーンショット_2016-02-29_16.26.45

アルモグラン・シティ・ビジネスディストリクトと中東湾岸諸国

「10%以上の経済成長や石油開発の進展、南北内戦の終結などの実態からすれば、ビジネスチャンスが大きいと判断するのは当然である。我々は米国などの西側メディアの(スーダンに対する)否定的な宣伝に影響されていないだけ」
(クウェートのユナイテッド・キャピタル・バンクの社長談)

ユナイテッド・キャピタル・バンクだけではありません。世界最大の政府系ファンドであるアブダビ投資庁(UAE)や、世界最大のイスラム銀行であるドバイ・イスラミックバンク(UAE)、中東アフリカ地域最大の通信会社であるエティサラート(UAE)など、アフリカのスーダンという国にいま巨額の開発資金を投入するアラブの企業は、まだまだ数えきれないほどたくさんあります。

(エティサラートの店舗)

エティサラート(Emirates Telecommunications Corporation)はUAEに本社を置く通信会社で、UAEのほかアジア・中東・アフリカなど18カ国で事業を展開し1.35億人が利用する巨大通信会社です。

スーダンという国に対して今後の伸びしろに注目し、大きな期待を寄せているのが、クウェート・UAE(アラブ首長国連邦)・サウジアラビア・カタール・バーレーン・オマーンのGCC(湾岸協力会議:Gulf Cooperation Council)諸国の金融機関やインフラ開発、農業開発企業たち。

ハルツームはスーダンの首都で、オムドゥルマンに次ぐスーダンの第二の都市です。それは、エチオピアの「タナ湖」から西に流れる青ナイルと、ケニア・ウガンダ・タンザニアに囲まれたアフリカ最大の湖「ヴィクトリア湖」から北上する白ナイル川の合流点に位置しています。

(青ナイル・白ナイルの合流地点)

この2つのナイルが合流することを意味する「アルモグラン(Al-Mogran)」という言葉で知られる場所です。この合流地点の400ヘクタール(東京ドーム約100個分)の土地に、「アルモグラン・シティ・ビジネスディストリクト(Al-Mogran City Business District)」が建設中です。

約400ヘクタール、約60,000人の新規雇用、1,000棟のヴィラと6,700のアパートメント、学校、ホテル、病院、スーダン初となる18ホールのゴルフコースが開発される計画です。英BBCワールドは、アルモグラン・シティを第二のドバイと呼びました。

2005年(スーダン暫定和平協定)以降、この第二のドバイと呼ばれる土地にUAEの政府系ファンドであるアブダビ投資庁は、

この続きをみるには

この続き:2,101文字/画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

世界の政府系機関・企業などから得た話を中心に、日本人の知らない100歩先ゆく世界の最新情報をお届けしています。

または、記事単体で購入する

アルモグラン・シティ・ビジネスディストリクトと中東湾岸諸国

ishidakazuyasu

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

ishidakazuyasu

日本と世界をつなぐ、自分の足で稼いだ真の情報をお伝えしていきます。著書に、越境せよ!(講談社)、日本人の知らないアゼルバイジャン(パンローリング)、オイルマネーの力(アスキー新書)など多数

100歩先ゆく、世界の情報

世界の政府系機関・企業などから得た話を中心に、日本人の知らない100歩先ゆく世界の最新情報をお届けしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。