うち来るp1

戯曲販売『うちに来るって本気ですか?』

2001年 演劇ぶっく・ニュークリエイト出版共催戯曲コンテスト優秀賞を受賞したコメディ作品。
演劇ぶっく社・ヨムゲキシリーズより出版されましたが、絶版となったため、こちらでPDFデータのみ販売いたします。
私の手元にある元原稿をPDFにしたものですので、販売されていた書籍とはフォーマットが異なります。ご了承下さい。
なお上演を希望される場合は、戯曲の最終頁の「上演許可について」をご確認の上、必ず著者までご連絡ください。無断上演は禁じます。

【初演】2001年
【上演時間】約90分
【キャスト数】7名(男3・女4)
【あらすじ】
御殿場家は五人兄弟姉妹。
長女・縁(ゆかり)は家族には内緒で結婚情報サービスに入会していた。
ある日、メールでしかやり取りをしていない、顔も知らない紹介相手・相良(さがら)がいきなり家に挨拶に来ると言い出す。慌てる縁。彼と兄弟姉妹を会わせたくないからだ。
長男・太一郎(たいちろう)は売れないミステリー作家。〆切に追われる度に家じゅうに自己流の密室トリックを仕掛けてネタ探しをする自分勝手な弟だ。そのトリックに引っ掛かるのはいつも次男の忍(しのぶ)。彼は抜きん出て 運がなく、しょっちゅう失神している。そんな彼らを冷たくあしらう、縁とは正反対に美人で頭も良い大学院生の 次女・真琴(まこと)・・・・・・こんな家に相良が来たら、きっと愛想をつかされるに違いない。
縁は焦り、末っ子の浪人生・百子(ももこ)に相談する。彼女は家族でただひとり座敷童が見え、いつもアドバイスをくれる。相良の来訪を阻止しようと右往左往する縁と百子だったが、彼はすでにこちらへ向かっていた。
時を同じくして、太一郎の原稿を取り立てに、鬼のように怖ろしいと噂の編集者もまた、この家へと向かっていた・・・・・・
五人兄弟姉妹の秘密と思いやりが奇跡的にすれ違う、ドタバタコメディ。

購入される方は、以下よりダウンロードして下さい。

この続きをみるには

この続き:75文字

戯曲販売『うちに来るって本気ですか?』

石原美か子

800円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

次回作品の資料代や取材費用にさせていただきます。よろしくお願いします⇩

身に余る光栄!またよろしくお願いします。

石原美か子

劇作家。コメディ作品を中心として執筆、発表しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。