驚愕のビフォーアフター、石川の場合。

自分のイケてない顔写真と、キマってる時の顔写真を並べてその落差を笑う、というジョークが、海外SNSで流行ったみたいですね。

私も勇気を出して、発表してみようかなと思います(笑)。


ちなみに、全ての写真において、修正は一切ございません。
ありのままの私です。


まず、人生最悪だった15歳の私がこちら ↓

可哀想に、自分にまったく自信のない笑顔です…


次に、治療者と出会って人生が動き出し、舞台役者をしていた20代半ばの私がこちら ↓

別人ですね(笑)。
もう一度言いますが、修正はしていません。
外科手術等も一切していません。

人の外見は、心の状態と生き方が変わると、ここまで変化するのです。



そしてまた20年以上が経過、
47歳現在の私がこちらです ↓


どう思われますか。

今の私は自分が好きです。
自分を好きになるって、大変な作業だったなあと思います。

もっと自分を好きになりたい。
自分自身でいることが、居心地が良いと、人に対しても優しくなれると思います。


人に優しく、自分に優しく。

自分のことが嫌いな方、許せない方、
生きにくさを感じる方、どうぞカウンセリングに来てください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

石川裕理

臨床心理士・石川裕理「ナゼだかみんな心理が大好き」

心理カウンセリング2万時間超えの臨床心理士・石川が、クライアントに話していないことをこっそり話します。知りたい!と言ってくれた人たちへ、感謝を込めて。どうして人は「心理に興味がある」のか、人のこころ、自分のこころ、人生、生き方、仕事、無意識、男と女、親と子。臨床心理学者とし...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。