お前ら本当は気付いてんだろ−慰安婦問題と現代の日本の性暴力−

腹が立っているので簡潔に、ツイッターに書いたことほぼそのまま書きます。

同意のない性行為、女だから仕方ない?

同意のない性行為をしてはいけないということを知らない人が多すぎる。

同意というのは「するしかないからする」ではない。そんなの同意じゃない。それは「心理的強制」だ。

抵抗すると怒られるから大人しく従って性行為をした。もちろんそれも同意じゃない。

「同意」というのは、「私、あなたとセックスしたいです。」というものだ。もしくは「あなたとセックスがしたい」と誘われた時に、おっけーしても断ってもどちらも不利になることがないような状態で、ちゃんと選択肢がある状態で「はい」と答えた場合だ。断ったら生きていけないとか断ったら殴られるとか怒られるとか、断ったら仕事を失うとかそんな状態で出てきた「はい」は同意とは言わない。

「軍人さんを慰めるお仕事だよ」と騙され連れてこられて、その場で「もう帰れないよ」と言われてしたセックスは同意ではないのだ。

お前ら本当は気付いてんだろ

一番腹立つのって、「お前らこの人が性行為したくないこと絶対に知ってて性行為したでしょ」ってこと。
全員じゃないよ。したい人もいたかもね。けどしたくない人が紛れてること絶対気がついてたでしょ。

AVもグラビアも風俗も普段のセックスも。本人がしたくないこと気づいててした性行為、撮影それ全部性暴力だし、相手が嫌がってること気づいてて「お金払ってるからいいだろう」、「そんなに抵抗してないからいいだろう」ってやってきたやつ、全員性暴力の加害者だぞ普通に。

全AV、エロ本、グラビアDVDメーカーの人に問いたいわ。
「この女の子、本当は騙されてるんだろうな…」と思いながら作品作ったことなんて一回もないって言えるのか?

本当に慰安婦問題を反省してるなら、性行為や性産業、グラビアやAVの仕事を「消極的選択」するような状況は絶対にないように厳しく取り締まったり制度を作ったりしてよ。禁止する法律を作ってよ。

女は芸能の仕事始めたら水着やらないと仕事できないよって言うなよ。女の子がその仕事を断ったときに「そんなこともできないなんてやる気がない」とか言うなよ。断ったからって待遇悪くすんなよ。その子のできる仕事を振れるように努力しろよ。

誰が水着にならないと仕事ないようにしてんだよ。お前らだろうが。そんなのお前らが辞めれば終わることなんだよ。終わらせないからそうせざるを得ない女の子がいなくならないだけだろ。

お金に困っている女の子がいるなら風俗やAVに行く前に相談する機関を作れ、あるならちゃんと全女の子に知られるように教育、広報しろよ。
だいたいAVや風俗をしないと生きていけない子が出ること自体がおかしいでしょ。

「なんかあったら女は体売れるからいいよな」って言うのやめろ。
体売ることすらしんどいと感じる女の子はどんどん自分は無能だと思い込まされていく。自分には他の仕事ができることなんて忘れてしまう。挑戦する心がなくなってしまう。
なんかあったら男だって体売れるだろ。

それをしないから
「本当はしたくなくてもAVや水着、セックスをする女がいなくなったら困ると思ってる」
と思われるんだよ。本当に心から望んでAVや水着、セックスや風俗をやる人だけになったらめちゃくちゃ数は減るだろうね。
それが困るんでしょ。女の人権より自分たちの性欲(ではなく支配欲だろうが)の方が大事なんだもんね。
その姿勢がずっと批判されてることそろそろ気がついて欲しい。

で、慰安婦問題反省してないし悪いことしたと思ってないからそういう制度や取り締まりが今の日本は全くできてないってゆーね。
はい、わかってまーす。

クソかよ。

追記:「どんな仕事だって好き好んでやるやつなんて多くないだろう」とか、「男が命の危険があるような仕事やらされてるのはどうなんですか?」っていうクソリプが来るので追記です。

今性産業の話してます。他の職業の話してません。性風俗に関してどう見ても男性より女性の方が心理的強制が多いです。その「差」の話です。
事務の仕事だってコンビニの仕事だって、その仕事に心理的強制を感じるのは男性だけでなく女性もです。女性だって働かなければ生きていけませんから。

今回は私が書いたし慰安婦問題からの話だったので女の子の話をしましたが、男だってというならそれは男性で無理やりウリ専だったり女性専用の風俗で働かされている人です。そういう人はもちろん同じようにあってはいけないし性暴力で、対処しなければいけない問題です。

「男が命の危険があるような仕事やらされてるのはどうなんですか?」→自衛隊や警察ですか?女性もいます。
もしも「この仕事に就かなければ生きていくことができない」と思わされて就ているのなら問題だと思います。

更に追記:「戦時中だから別問題」「戦時中は人権意識なんてなかったんだから」と言って理由があれば性暴力をしても仕方がないというその姿勢が問われてるんだよ。

しかも戦時中の人権意識の低さがいまだにずっと変わらないのが更に問題。
「女が露出してたから」「酒に酔ってたから」「男は性欲が強いから」と様々な理由をつけて性暴力やセクハラを被害者のせいにして謝罪しないのと一緒。

確かに戦時中は仕方がなかったのかもしれない。だけどそれは加害者が言うことじゃない。し、だから「仕方がないこと」になるわけがない。
戦時中であろうとどんな理由があろうと、してはいけないことをした。

そして、「戦時中は人権がなくなりたくさんの人が悲惨な思いをするような状況になってしまうから、もう二度と戦争は起こさないで」。
それが平和の少女像が訴えていることであり、今の日本政府へ第9条を変えるなと言っているのだと私は思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

グラビア女優・石川優実です。 様々な形で、性や男女の違いについて表現しています。 100円から支援ができます。今後の活動費や私が幸せを感じるものや事に大切に使わせていただきます。

585

石川優実

グラビア女優です。性や男女の違いについて表現しています。映画・舞台・グラビア・文章など。

#MeToo

8つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。