三好康児と板倉滉の成長に思うこと。

 コパ・アメリカこと南米選手権(ブラジル)のウルグアイ代表戦。
この試合で三好康児と板倉滉の二人が、日本代表としてスタメンデビューを果たしました。

 両者は、ともにフロンターレの下部組織出身で同期生。
中学時代からフロンターレU-18に所属し、「アカデミーの最高傑作」と称された三好康児と、小学生時代から熱烈なフロンターレサポーターだったことから「フロンターレ後援会の最高傑作」と愛された板倉滉ですね。

 そんな両者が日本代表として同時に初スタメンを飾り、強豪ウルグアイを相手に三好は2得点を記録。もうすこし先の未来だと思っていた光景が、こんなに早く見れるとは・・・まるで漫画みたいでした。

 22日の練習試合後、中村憲剛を取材する機会があったので、その話題を振ってみたところ、彼は「感慨深いね」と言い、言葉を並べてくれました。

この続きをみるには

この続き:7,885文字

三好康児と板倉滉の成長に思うこと。

いしかわごう

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

もっとスキになってください!
14

いしかわごう

サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。