川崎フロンターレ 2017年 選手レビューvol.2

 初優勝記念ということで、2017年の優勝メンバー全員のレビューコラムを書いております。

 Vol.2の今回は背番号5〜9までです。ラインナップはこちら。

レビューコラムに、それぞれタイトルもつけてみました。

5.谷口彰悟:連敗の危機を救ったときに見せた、あの執念。

6.田坂祐介:指揮官が天皇杯でキャプテンマークを託し続けた理由。

7.車屋紳太郎:内に秘めている、車屋ワールド。

8.阿部浩之:劇薬ではなく、漢方薬としてチームに変化をもたらし、優勝に貢献した男。

9.森本貴幸:規格外だった、天皇杯清水戦のハットトリックと試合後の取材対応。

 全部で約6500文字ぐらいあります。
選手個人のレビューを通じて、シーズンを振り返ってもらう機会になれば幸いです。興味ある方は読んでみてくださいね。

なお、vol.1はこちらです。→川崎フロンターレ 2017年 選手レビューvol.1

では、スタート!

この続きをみるには

この続き:7,194文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

初優勝記念として、2017年の川崎フロンターレ全選手のレビューを書き残しております。全6回。選手一人につき、約1000文字前後あり、読...

または、記事単体で購入する

川崎フロンターレ 2017年 選手レビューvol.2

いしかわごう

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

ありがとうございまっす!
1

優勝記念:川崎フロンターレ全選手レビュー(2017年)

初優勝記念として、2017年の川崎フロンターレ全選手のレビューを書き残しております。全6回。選手一人につき、約1000文字前後あり、読みごたえはたっぷりです。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。